谷中喃々堂


谷中、ときどき京都
by kitokito-kamome
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

いせ辰

谷中で休日になると、観光客でごったがえすお店。


b0188769_22451427.jpg



谷中三崎坂にある、江戸千代紙の「いせ辰」さんです。元治元年(1864年)から続く老舗。
写真は谷中本店ですが、すぐ近くに千駄木店もあります。

東京唯一の江戸紙芸のお店で、木版を使った手摺りの江戸千代紙と、
機械摺りの室町千代紙を提供しています。


b0188769_22454135.jpg



千代紙のみならず、のし袋や便箋、はがき、タオルにフォトケースと、商品も多彩。
ちなみに、手ぬぐいは、京都室町六角下ル鯉山町の宮井さんがつくられてます。


b0188769_22461077.jpg



入口の引き戸に張られた千代紙3種は、季節ごとに張り替えられます。今はまだ、梅雨仕様ですね。
お店の前を通りかかるたびに、この組み合わせに、季節のうつろいを感じます。

お店の中はめっちゃこじんまりとしていて、休日は他のお客さんとすれ違うのも一苦労!
外国人のお客さんも多いです。


b0188769_22463435.jpg



うちにあるいせ辰グッズを撮ってみました。
ざっと集めただけでも、ノート、折り紙、歌集など。
他にも手ぬぐいやレターセット、コースターも持ってます。

歌集は、樋口一葉歌集抄。
大奉書室町千代紙の「夜の梅」が表紙図版に使われています。


 『月といふ つきの光も みえぬかな やみをやみとも おもはざる身は』


明治25年作詞。
和泉式部の「くらきよりくらき道にぞ入りぬべき はるかにてらせ山のはの月」
を踏まえたものだそうです。

一葉の激しい恋にわたしは共鳴しないけれど、その気持ちがこめられた歌をみると、
すこし遠くから、儚いものを痛ましくかつ眩しく、眺める気持ちになります。
[PR]
by kitokito-kamome | 2009-07-22 22:54 | 日々のこと
<< 白粉花 つる瀬@湯島 >>