谷中喃々堂


谷中、ときどき京都
by kitokito-kamome
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

花散らしの雨

昨日本屋さんで見つけた、『八朔の雪』の続編。


b0188769_2275392.jpg



高田郁さんの『花散らしの雨』です。

一作目よりも、澪は自分の幸せに自覚的で、だからこそまた違う味を追い求めることができる。
それがますます幸せだなって思わせてくれる。
気負わず、自然に。人に寄り添うように、新しい味が生まれてくる。


長く続いてほしいなぁ、って素朴に思うシリーズです。
ひとがご飯を食べて、生きていくのはずっと続いていくことだから。
それと同じように、ご飯を作る人の物語が、ずっと続いていってほしい。
生きること、そのもののように。


***

明日はお休みですね~♪
最近お休みの日がありがたくて仕方ない^^;

今日は極度に寒かったですね。。
おかげで鼻がぐずぐずですっ>_<
あったかくして寝なくっちゃ。
[PR]
by kitokito-kamome | 2009-11-02 22:17 | 日々のこと
<< 千駄木文庫 Ume 1913 ねんねこ家 >>