谷中喃々堂


谷中、ときどき京都
by kitokito-kamome
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

銀杏並木

もみぢが似合うのがお寺だとしたら、いちょうが似合うのは大学です。


b0188769_2334281.jpg



空を仰げば、一面の黄金色。
折り重なる扇のかがやきに、思わず目を細めます。


b0188769_2335288.jpg



ここは、東京大学本郷キャンパス。
うちから歩いて20分くらいのところにあります。

色づき加減は、7分というところでしょうか。


b0188769_234444.jpg



陽が射しているうちに行かなくちゃと、
先週土曜日掃除・洗濯を済ませてから急いで向かいました。


b0188769_2341984.jpg



銀杏並木は、大学の重厚な建物によく似合います。

自分も学生のころ、講義と講義の合間に空き教室を見つけてもぐりこみ、
窓から銀杏の葉が散る様を、ぼぅっと眺めていたことを思い出します。
わたしが見ていた並木道は、もっと狭かったけれど。


b0188769_2343141.jpg



まだ大人でもなく、子供でもなかったあの頃。
自分の中で未整理な感情たちを、まだ大学のキャンパスに置き忘れている気がします。


b0188769_239331.jpg



本郷キャンパスのほとんどの歴史的な建物は、
東京大学の総長も務めた内田祥三(よしかず)氏の手によるものだそうです。


b0188769_2345223.jpg



オリンパスのカメラを構えた女子発見!
彼女が撮っていたのは、黄色と緑の絨毯。

この日は紅葉を愛でにきた人で、キャンパスはいっぱいでした。


b0188769_235698.jpg



キャンパス内にはこんなカフェもあります。日本じゃないみたいですね^^;
東京大学は、国立大学法人になってからカフェやグッズの販売などに力を入れているようです。

ガラスに、銀杏並木がうつりこんでいます。


b0188769_2352074.jpg



「UT」のマークは、The University of Tokyoの頭文字をモチーフにしたもの。
「知性の顔」として、世界に向けて微笑んでいるイメージなのだそうです。


ここから少し先の赤門をくぐって、黄金色に別れを告げました。
[PR]
by kitokito-kamome | 2009-11-30 23:19 | 日々のこと
<< SCOS 弁慶橋フィッシングクラブ >>