谷中喃々堂


谷中、ときどき京都
by kitokito-kamome
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

谷中七福神めぐり その1

谷中七福神は、江戸最古の七福神です。


b0188769_0515097.jpg



七福神信仰のはじまりは、天海僧正なのだそうです。

天海僧正が初めて家康公と会見したとき、天下を治める吉相をもっていると看破。
後にそのことを天海僧正は、

「公は7つの福徳をお持ちで、それによって天下を治められた。
これは7柱の神さまの御徳を表したというべきである」

と家康公に語りました。

家康公は大変喜ばれ、狩野探幽に七福神の絵を描かせて信仰されたそうです。


谷中七福神は、9月の喋々喃々にもちょこっと登場します。
栞が、タクシーの中で運転手さんと話す会話の中に。

 『御利益、いっぱいありましてね。』

そんな運転手さんの言葉に背中を押され、初めて七福神めぐりをしてみました。


***

2010年1月9日(土)、快晴。

ご近所友人Sと、朝10時過ぎに待ち合わせ。
田端からスタートです。


【①白龍山 東覚寺@田端 : 福禄寿】


b0188769_0375570.jpg



白龍山 東覚寺。真言宗豊山派(ぶざんは)のお寺です。
谷中七福神めぐりのツアーのお客さんもいて、お寺の中は混雑至極!>_<


b0188769_0383199.jpg



こちらは、「赤紙仁王」で有名です。
阿吽の二体の金剛力士像に、参拝客が自分の具合の悪い箇所に赤紙を貼ると、
病が癒えると伝えられています。


b0188769_0384838.jpg



東覚寺には、福禄寿が奉られています。あの、頭の長い人☆
人望をつかさどる神様です。なむなむ。


こちらのお寺で、和紙と色紙を購入。それぞれのお寺で、御朱印をいただくためです。
スタンプラリーって、江戸時代からあったんですねー^^


【②浄居山 青雲禅寺@日暮里 : 恵比寿】


b0188769_052457.jpg



東覚寺から歩くこと約20分。
浄居山 青雲禅寺に到着。こちらは、臨済宗のお寺です。


b0188769_0525148.jpg



江戸時代には、「花見寺」として賑わったそうです。
たしかに立派な枝ぶりの枝垂れ桜。


b0188769_0531976.jpg



青雲禅寺には、えべっさんが奉られています。鯛を持ってる人ですね。
正直をつかさどる神様です。


b0188769_0533092.jpg



このお寺には、南総里見八犬伝の作者、滝沢馬琴の筆塚もあります。
江戸随一の人気作家、滝沢馬琴が使いつぶした筆を慰めるために建てられたそうです。


***

七福神めぐり、長いので何回かに分けて書きますね。
全部歩くと、けっこうな運動になりました。
今日は陽射しも暖かかったので、助かりました。。


明日から一泊で旅行に行ってきます。
明日も今日みたいに晴れるといいなぁ。
[PR]
by kitokito-kamome | 2010-01-10 00:56 | 喋々喃々
<< 谷中七福神めぐり その2 A971 / ザ・リッツ・カー... >>