谷中喃々堂


谷中、ときどき京都
by kitokito-kamome
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

TIES, again

梅見を終えて、おしゃべりしにTIESへ。


b0188769_164519.jpg



お店の奥の、ちょっと隠れた席に通されました。
以前から座ってみたいね、と後輩Hちゃんと話していた席。
たまたま空いていたんです。

ここは、3月の喋々喃々、栞とハルイチロウさんが待ち合わせたお店。
以前も、後輩Hちゃんと来たことがあります。→

次いらしたときは、ロイヤルミルクティを頼んでくださいね、
とスタッフさんに言われたことを思い出して。


b0188769_17252.jpg



オーダーしてみました。
生クリームにお砂糖をまぜているそうで、
お菓子のようにあまい味の後に、お茶の香りが広がります。
ふんわりと、あたまの芯がしびれる感じ。


すきな人と食事をするとき、胸が詰まってどきどきして、息苦しくなることがありませんか?

このロイヤルミルクティを、そんな人と一緒に飲む自分を想像してみたら、
胸がくるしくなってしまって、カップをおろして、ふぅと一息つきました。

でもそんな苦しさとともに、ほんとは一緒に飲んでみたい。

レトロなカップアンドソーサーも、その演出のためにあるようにしか思えなくて。
なめらかなカップの表面をつるりと撫でて、かすかなぬくもりを掌にうつしました。


***

今日は職場の同僚と飲み会でした。おいしいワインを堪能!

飲んで盛り上がった帰り道、京都のことを想いました。
かえりたい。胸が詰まってどきどきして、息苦しい。
[PR]
by kitokito-kamome | 2010-03-04 01:07 | 喋々喃々
<< 魚貝三昧 彬 湯島天神の梅 >>