谷中喃々堂


谷中、ときどき京都
by kitokito-kamome
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

happy sakura life

君を、待ってた。


b0188769_19133066.jpg



谷中の、とあるお寺の奥の奥。

なにかに導かれるように、初めてここをふらりと訪れたとき、
まだ花が咲いていたのは1本だけでした。

あのときは、満開になったら泣いてしまいそうだな、なんて甘いことを考えていたけれど。
いざ目の前にすると、とても静かな気持ちになりました。


b0188769_19133911.jpg



ひしめくお墓を覆うように、ひろがる桜の天井。
だれもいない墓地で、死者たちのために花開いています。


b0188769_19135056.jpg



耳をすませば。
鳥のさえずり、読経のこえ、木の葉のさざめき、ときおり聞こえる飛行機のエンジン音。

ただよってくる、お線香のかおり。


b0188769_1914492.jpg



死者たちのお花見は、なんてにぎやかなんだろう。
しゃがみこんで、一緒に桜を見上げます。


b0188769_19141338.jpg



初めて見つけたとき、すでに7分咲きくらいだったこの木からは、
もう若葉が芽吹きはじめていました。


b0188769_1914265.jpg



陽のひかりをいっぱいに浴びている、まだやわっこい葉っぱ。

そして花びらは、しず心なく散っていきます。


b0188769_1916325.jpg



ここの桜は死者たちのものだから。
生者のわたしはくるりと背を向けて、現世に戻ってきました。


b0188769_19164265.jpg



***

昨日は朝まで歓送迎会で、今日はせっかくの良いお天気なのに、
目覚めたときは二日酔いでグロッキーな状態。。

そんなとき、ご近所友人Sよりメール。

 「谷中の桜チャリダー、出動要請!外出するべし」

・・・。
よろよろと立ち上がり、着替えてカメラとお財布だけもって外に出ました。

おかげで、今日もたくさんの桜に出会えました。
無理にでも出かけてよかったです^^ 友人Sに感謝♪


桜さがしを終えてから、ライさんとこに行きました。
自称「熱しやすく冷めやすい」ライさんの、これまでハマッたもの談義。
つっこみどころ満載でしたが、お話しするとほんとに癒されます。。^^;

今、プフレーゲライヒトのギャラリースペースでは、
kiitosさん(→☆)の「happy life展」開催中です。

kiitosさんのお店、残念ながら無くなってしまったんですよね。
今はネット販売を中心に活動されています。
プフレでちょっとだけお会いすることができました。


b0188769_19165324.jpg



北欧グッズが盛りだくさん♪

このイベントは、全3日間で、明日まで。
花の盛りのように短い期間ですが、ご都合が合えばぜひ覗いてみてください。
[PR]
by kitokito-kamome | 2010-04-03 19:46 | 日々のこと
<< ながしの乙女。 妙法山 宗善寺 >>