谷中喃々堂


谷中、ときどき京都
by kitokito-kamome
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

沼津アルプス その2

おなかもいっぱいになり、しばしまったりしてから、再出発。


b0188769_1141937.jpg



小鷲頭山から鷲頭山まではすぐかと思ったら、わりと険しくて焦りました^^;

鷲頭山の頂上には、鷲頭神社の小さな石のほこらがぽつねんと建っていました。


b0188769_1143619.jpg



ほこらの前には、さくらの木。ちょうど白い山桜が満開でした。

ここは沼津アルプス連峰の中でも一番高い山です。
海が遠く見渡せ、気持ちのよいところでした。


b0188769_114494.jpg



さて、ここからは下ります。
下りの方が、膝に負担がかかって実はしんどいんですよね。。

歩いていると、ところどころで視界が開けます。
今、自分は山の胎内にいだかれているんだなぁと実感。


その後ずんずん下がっていき、あやうく多比峠の分岐を見落として下山しそうになりました。。
立看板を見ると、ここから登ったところにある岩尾根は、「沼アのハイライト」とあります。

それではいかねば、と登りはじめると、現れたのは…


b0188769_115934.jpg



行く手を阻む木々たち!
これじゃ「岩尾根」じゃなくて「木尾根」だよ~と枝の間をかいくぐっていくと、
やがて大きな岩が出てくるようになりました。


b0188769_1152217.jpg



ここで注目いただきたいのが、右側の写真の見返り副部長Y…ではなく、
右側の写真の左下にある白い矢印。

山の中には、こうした印がいくつもついています。
白や黄色のペンキだったり、枝に赤いテープが結ばれていたり。

いろんなタイプがありますが、全部「こっちの道であってますよ」の印です。

晴れてるときでも、低い山でも、油断は禁物。
きちんと正しいルートをたどっているか、常に確認しながら進みましょう♪


b0188769_115478.jpg



尾根をぬけて、大平山への分岐に到着しました。
時間は午後2時半くらい。大平山へは登らず、そろそろ下山することにしました。


b0188769_116744.jpg



下山途中、麓に近くなると大きな岩がごろごろ転がっていました。
この岩を見た瞬間、副部長Yもわたしも心の中で思ったこと。


 『………王蟲!!』


b0188769_1161914.jpg



宮崎アニメの刷り込みって、すごいです^^

「これは王蟲の化石だよ!」と副部長Y。
思わず納得してしまうような森の雰囲気でした。


b0188769_1163944.jpg



無事山を降りると、里にはのどかな風景が広がっていました。

突然、「シロツメクサの、花が咲いたよ♪」と歌い出す副部長Y、ぽかんとするわたし。

 「それ、今つくった歌?」
 「え、ちがうよ、ラスカルの歌だよ!!」
 「…そうなんだ?」

誰もいない農道で、副部長の「ラスカル~、ラスカルー♪」という歌声が響いていました。。^^;


大きい道路に向かって歩いていると、バス停発見。
バスに乗り、日帰り温泉前で下車、ゆっくりと温泉につかって疲れを癒しました。


b0188769_11733.jpg



お風呂からあがって、向かうは沼津漁港。
魚がし鮨さんでお寿司をいただきました。

まずは生シラスに特上ウニ、ビールで乾杯☆


b0188769_1172446.jpg



つづいて青さのり汁、かに汁をオーダー。
いくら、活たこ、イカ、ほうぼう、いずれも美味でした。

この他、ひらめ、車海老炙り、あわび、しまあじなどなど。
程なくお腹いっぱいになりました。

思いっきり運動して、お風呂でさっぱりして、おいしいものを食べる。
この一連の流れが、わたしにとっては山登りの魅力です^^


***

長文におつきあいいただき、ありがとうございましたm(_ _)m

こちらの山は低山だったので、やはり高山とは森のにおいが違いました。
街に近いんでしょうね。

山に行くのは、絶対に晴れた日がおすすめです。
曇りの日も避けたほうがいいです。。
あと、雨が降った翌日も、道がぬかるんでいてしんどいので、
前日も晴れた日の後がおすすめです。

次はどこの山に登ろうかな^-^
[PR]
by kitokito-kamome | 2010-05-01 11:19 | 山時間
<< 一箱古本市 沼津アルプス その1 >>