谷中喃々堂


谷中、ときどき京都
by kitokito-kamome
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ふたつめの月

久しぶりに、好きなお話にめぐりあうことができました。


b0188769_23454017.jpg



近藤史恵さんの『ふたつめの月』。
近藤さんの作品を読んだのは、これが初めてでした。


主人公の久里子は、22歳の女の子。

社会に出て数年経つけど、まだまだわからないことだらけ。
それでもいくつかの岐路に立たされ、自信がないものの ちいさな選択を積み重ねていく。

その選択が正しかったかどうかなんて確かめる術はないけれど、
こうやってちょっとずつ前に進んでいくしかない、と日常に向き合う久里子の生真面目さが好きです。


数年前、まだ自信なく社会とのつきあい方もわからなかった自分が思い出されるからでしょうか。
ところどころの何気ない行間に、じわっと涙がにじんでしまいました。

悲しいのではなくて、なんだかほっとして、心がじんとする感じ。
癒されるお話でした^^


b0188769_23454866.jpg



先日、旧安田邸のミニライブで聴いた、渋谷さんの「生きがい」という曲。
YouTubeで見つけて、最近よく聴いています。(→☆)

由紀さおりさんに提供した楽曲のようですね。

目をつむってこの曲に身をゆだねて、眠る前のひとときを過ごしています。
[PR]
by kitokito-kamome | 2010-05-19 00:22 | 日々のこと
<< 露地nights 長沼丘陵 >>