谷中喃々堂


谷中、ときどき京都
by kitokito-kamome
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

軽井沢 その2 (白糸の滝・竜返しの滝)

涼やかな風が、頬をかすめた気がした。


b0188769_2324150.jpg



ザ・マイナスイオン!白糸の滝です。

旧軽銀座を後にして、バスで20分ほど山道をはしったところにあります。
バスは1時間に1、2本しかないのですが、タイミングよく乗ることができました。


b0188769_23241212.jpg



こちらは観光客に大人気で、たくさん見にきている方がいらっしゃいました。
売店で売っていた岩魚の塩焼きがおいしそうでしたが、晩御飯のことを考え、ぐっとガマン。


b0188769_23253618.jpg



近くにもうひとつ滝があるとガイドブックにあったので、
案内の矢印に導かれ、山の中に続く長い階段をのぼることにしました。


b0188769_23254680.jpg



そこからは、ながーい遊歩道が続いていました。
にわか山ガールとなり、山歩きを楽しみます。

今の時期、山中は緑一色。
色彩といえば、山ツツジの赤味がわずかに混じるのみでした。


b0188769_2326183.jpg



右を見ても、左を見ても、ひたすら続くみどり。

他にすれちがう人のほとんどいない空間でずっと過ごしていると、
時折とても怖くなるんです。

笑顔をはりつけた隣人の、ぞくりとする一面をのぞいてしまったみたいな。

ここが夜になって真っ暗闇になったとき、その表情は、けっしてわたしの友人ではない。
その怖さがあるからこそ、山はますます魅力的なのかもしれません。


b0188769_23261333.jpg



白糸の滝から歩くこと約5キロ、2時間弱。竜返しの滝に到着です。
思いのほか歩いて、へとへとになりました^^;

竜のような大蛇が、水流にのまれて滝つぼに落ちてしまったという伝説をもつこの滝。
車道からかなり歩くこともあり、白糸の滝と違って見にきている方はほんの数人でした。


バスの時間もせまっていたので、名残を惜しみつつ退散しました。


b0188769_23262483.jpg

[PR]
by kitokito-kamome | 2010-06-16 23:29 | 旅時間
<< 軽井沢 その3 (軽井沢ロンギ... 軽井沢 その1 (Cafein... >>