谷中喃々堂


谷中、ときどき京都
by kitokito-kamome
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

梔子の生垣2010

思ひ出すとは 忘るるか 思ひ出さずや 忘れねば。


b0188769_237392.jpg



今頃咲いてる気がする、と思い立った先週土曜のお昼過ぎ。
ヒマラヤ杉近くにある、梔子の生垣を訪れました。

去年もこの梔子を見にきました。(→☆)
ずっとこの木はここにあったのに、忘れていたなぁ。

近くの道が、匂い立つ。
梅雨の曇り空が、甘い香りでわずかに歪む。


b0188769_238056.jpg



萌黄まじりの小さなつぼみが、


b0188769_2381212.jpg



ふしゅるとほどけて、広がる瞬間。



b0188769_2382520.jpg



枯れゆくもの、咲き誇るもの、まだ固く閉じこもったままのもの。
皆ただそれぞれが、あるようにあるだけ。

今年も、会えてよかった。


b0188769_2383180.jpg



***

今日の夕方、会議中の職場の窓から見た空がすごい茜色で、
写真撮りたいなぁと、ぼんやり眺めてしまいました。

今年は、あまり雨の降らない梅雨になるのでしょうか・・?
[PR]
by kitokito-kamome | 2010-06-23 23:24 | 日々のこと
<< 午睡猫 カヤバ珈琲のたまごサンド >>