谷中喃々堂


谷中、ときどき京都
by kitokito-kamome
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

今朝の春

名作の条件。


b0188769_23211450.jpg



みをつくし料理帖、待望の新刊が出ましたね。
早速、往来堂書店でお買い上げ♪

魅力的な小説を読んでいると、
ふと自分の存在が三次元から二次元にワープしているのを感じます。

生身の自分が一切消え去って、気づくと江戸の小料理屋を見ている、自らの視線。
澪のつくりだす料理を、小松原さまに抱く想いを、知らず自分の胸にかかえています。

急に秋の気配が強くなってきましたが、そんな夜長にぴったりの一冊☆
こんなぬくもりを与えてくれるのは、やっぱり人情なんだなぁ。
[PR]
by kitokito-kamome | 2010-09-24 23:27 | 日々のこと
<< 古書と茶房 ことばのはおと 根津神社本祭 2010 >>