谷中喃々堂


谷中、ときどき京都
by kitokito-kamome
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

京丹後 その2

ここにあるのは、ただ優しい時間だけです。


b0188769_21444323.jpg



伊根(いね)の舟屋群(ふなやぐん)。

舟屋とは、家に舟をしまうため、海面にはりだして建てられた民家で、
1階部分にガレージみたいに舟を停められるようになっています。

伊根湾をぐるり囲んで、約230軒も連なる家々。
2階を民宿として開放されているおうちもあるようですね。


b0188769_2144529.jpg



なだらかな水面に、ついと横ぎる舟一隻。
ここが日本海だなんて思えないくらい、凪いだ風景でした。

江戸の頃より、海風にさらされ年月を経てきた暮らしの記憶が、
ここには確実にきざまれています。


b0188769_21445945.jpg



人の生活の息遣いが感じられるから、ぬくもりが伝わってくる。

伊根の今日は、どんな一日だったんだろうって、
今この瞬間も、想いを馳せてしまうんです。


b0188769_2145410.jpg



丹後の夜は早くやってきます。
5時には暗くなっちゃいました。

この後宇川温泉につかって、湯あがりにソフトクリーム食べて、夜は日本酒飲みました!
丹後の星空、きれいでした。うっすら、天の川も見えたんですよ。


***

ご近所友人Sから、お土産をもらっちゃいました♪


b0188769_21451450.jpg



京都大徳寺紫野のこぼれ梅、沖縄の伝統的な染物「紅型(びんがた)」のブックカバー、
岩手のゆるキャラ「そばっち」ストラップ(←大変ツボです)!!
かさぼうのストラップも一緒に写してみました^^;

友人S、旅行いきすぎ(笑)。いいなぁ。どうもありがとー☆
こぼれ梅は、高田郁さんの『花散らしの雨』に出てくる、みりんの搾り粕です。
どうやって食べようかなぁ・・。
[PR]
by kitokito-kamome | 2010-12-07 22:37 | 京都
<< 京丹後 その3 京丹後 その1 >>