谷中喃々堂


谷中、ときどき京都
by kitokito-kamome
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

黙祷

月、冴ゆる夜。


b0188769_23511726.jpg



飲み会からの帰り道、ぼんやりした頭で、きんと冷えた空気のなか、
見上げる夜空が澄みすぎていて、訳もなくせつなくなる。

冬の時間は、ゆっくり、ゆっくり。
知らず、来し方行く末に想いを馳せる。


手を伸ばせば、月に届きそうだと思った。
星のひとつひとつを拾い集めて、ほら、と見せてあげたくなった。


***

最近、あたらしい室内照明をネットで注文したら、たまたま京都の会社のものでした。
会社の方と、二言三言、京都についてメールでやりとり^^

こういう絆って、いかにも京都っぽいと思います。


ちいさな会話をよりあたたかく感じるのは、冬だからかもしれない。
厳しい季節ですが、仲良くなりたいなぁと思うこのごろです。
[PR]
by kitokito-kamome | 2011-01-18 00:09 | 日々のこと
<< 乃池 冬ごもり >>