谷中喃々堂


谷中、ときどき京都
by kitokito-kamome
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

乃池

念願の一品、実食です♪


b0188769_23204221.jpg



三崎坂の途中にある老舗のお寿司屋さんといえば、乃池(のいけ)さん。

穴子寿司が有名なのですが、ちょっとお値段が張るため、
これまでいただいたことがありませんでした。
昨年末の帰省の折に、フンパツして実家に買って帰りました。


注文してから、お店で待つこと15分。
お急ぎの方は、あらかじめ注文したほうがよいですね。

あったかいお茶をいただきつつ、興味深く店内をキョロキョロと^^;
年末ということもあってか、お店には常連さんっぽい方ばかりでした。

江戸前の穴子がほんわりやわらかく、甘めのタレでおいしくいただきました!


乃池さんは、昭和40年に開店。
ご主人は、喋々喃々にも出てくる大円寺・菊祭り(→☆)などを企画・成功させた、
谷中のまちづくりを語るうえで欠かせない方です。

昨年には、『人生っちゃ、こういうものよ』という本を出されています。(→☆)


  「町のために働くのはちっとも苦にならない。金を使うのも惜しくない。
  花に水をやるようなことだから。」


んー、さすが江戸に住まう人^^
歯切れのよさにしびれます☆

昆布シメ鯖寿司も有名みたいですね。今度いただいてみたいです。
[PR]
by kitokito-kamome | 2011-01-19 23:40 | 日々のこと
<< 金柑酒 黙祷 >>