谷中喃々堂


谷中、ときどき京都
by kitokito-kamome
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

国際子ども図書館

明治建築を守っています。


b0188769_0575794.jpg



黒田記念室を後にして、すぐ近くの国際子ども図書館にも寄り道しました。

国立国会図書館の支部図書館です。
わが国初の国立の児童書専門図書館だそう。


b0188769_058345.jpg



陽のあたる椅子に腰掛けて過ごす時間の贅沢さを、実感できるのは大人だからですよね^^;
ただ物語の続きだけに興味がある子どもには、きっと見えないこの空間。


b0188769_0581041.jpg



3階のフロアでは、パソコンが数台おかれていました。

ヘッドフォンをつけて覗くと、江戸時代の絵草紙の映像に、
現代風の読み聞かせ音声がついているコーナーがありました。

「ぶんぶく茶釜」と「はちかつぎ姫」を鑑賞。
古風な映像に今風の語り口というギャップが、妙に魅力的でした☆

ほけーっと物語に聞き入る、休日の午後。
いくつになっても、お話を朗読されるのは心和む経験ですね^^


b0188769_0581610.jpg



洋館にいるドキドキ感に加え、ここにいると、安藤忠雄の建築から感動を受けます。
古い建物を守るように、ガラスやコンクリが彼らを覆う。

現代的なファサードが嫌いだっておっしゃる年配の方の言葉にもうなずけるけれど、
それでも建物に入って、守られている旧建物の外壁に触れてみてください。

手のひらから伝わる、君を守りたいっていうその率直なやさしさに、
きっと涙がにじむから。

ガラスもコンクリも、自意識なんかじゃない。
わたしたちの時代の、親愛の証なんだって、そう思ってしまうんです。


***

今日は会社の先輩と飲み会でした♪
おいしいドイツワインと野菜メインのお料理に舌鼓~。

長い人生、どのタイミングで、どの人にどう出会うかなんて本当に偶然だけれど、
この出会いに感謝します^^
[PR]
by kitokito-kamome | 2011-03-09 01:44 | 日々のこと
<< 地震 PEN Lite >>