谷中喃々堂


谷中、ときどき京都
by kitokito-kamome
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

花笑う

谷中の石畳に、桃色の落としもの。


b0188769_232555100.jpg



そこだけ道がぱぁっと明るくなっていたので、駆け寄ってしゃがみこみました。
しゃがんだまま空を見上げれば、春に向かって手を伸ばす木の枝。


b0188769_2326247.jpg



 『ぼくらを取り巻く環境がどう変わろうと
  ぼくらは生きていくばかりです』


 『深い悲しみや恐怖や、強い刺激に、
  人間のこころは、とらわれやすいんですよね。
  ほっとくと、暗いところばかりに目が行くし、
  そのほうが、ちゃんとしているような気になりやすい。
  だけど、洞窟の闇のなかにいようが、
  射してくる光を見つけないと脱出できない。
  その光の穴から、空気も、希望も出入りするんです。』


 『闇の深さではなく、光の明るさを数えよう』


b0188769_2326923.jpg



だいじな言葉を反芻する。
前をむいて、歩く。



     
[PR]
by kitokito-kamome | 2011-03-17 00:00 | 日々のこと
<< 五條天神社 祈り >>