谷中喃々堂


谷中、ときどき京都
by kitokito-kamome
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

真鶴

どうしてここに惹かれてゆくのだろう。


b0188769_2347468.jpg





真鶴に行ってきました。

川上弘美さんの『真鶴』という小説を読んで、何年か前に訪れたことのある場所。
また行きたくなって、再訪しました。

東京駅から東海道線に乗ってゆられること約1時間、真鶴駅に到着します。


b0188769_23514877.jpg



真鶴半島は、人がまばら。
真鶴港で釣りを楽しむ人とか、半島ウォーキングする人が、ぱらぱらといるくらい。

バスに乗って、岬の突端を目指します。


b0188769_23522293.jpg



終点で降りて階段を下りていくと、海辺に到着します。

たよりなく風にたなびくハマダイコン。
岩の上に腰掛けて、遠く伊豆半島を眺めました。


b0188769_23493422.jpg



川上弘美さんの小説のなかで、よく読みかえすのが『センセイの鞄』と『真鶴』です。

『センセイの鞄』を読むときは心が満たされてくるのですが、
『真鶴』は本を手にしただけで、わずかに気持ちがざわつきます。

文体にひきずられ、読むというより、ひたされ、覆われてしまう。
実際に真鶴を訪れても、どこかこの本の雰囲気を通して景色を眺めているみたい。


こんな場所で、雨のそぼ降る中、お林の道を、「ついてくるもの」とともに歩き続けていたら、
生も、死も、過去も、未来も、すべてがにじんでしまって、見分けがつかなくなって、
帰れなくなってしまいそうだ。


どうして、真鶴だったんだろう。
川上さんに聞いてみたいなぁと思いつつ、答えの出ない問いかけをします。


b0188769_2352432.jpg



傾きかけた陽射しをあびながら、浜辺を歩きました。

ハマヒルガオの花言葉は、「絆」です。
3.11以降、よく眼にするようになったことば。


b0188769_23525361.jpg



これは何の実かなぁ。
触れるとまだやわらかくて、ゴムみたいな感触でした。


b0188769_2353356.jpg



きっとまた、ここに来るんだろうな。
何もありはしないのに、何かを求めて。
[PR]
by kitokito-kamome | 2011-05-20 00:04 | 真鶴
<< お伊勢まいり その1 憧憬 >>