谷中喃々堂


谷中、ときどき京都
by kitokito-kamome
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

涸沢 その4

登って、無事に下りるまでが登山。


b0188769_20315399.jpg



穂高岳山荘をあとにし、下山開始です。

この下山は辛かった。。
コースタイムだと涸沢ヒュッテまでの下山は1時間半ですが、2時間半くらいかかった気がします。


b0188769_2032029.jpg



涸沢小屋方面に降りて、テン場を通って涸沢ヒュッテにもどりました。


b0188769_2032688.jpg



山で食べるごはんは、なんでこんなにおいしいんでしょう♪
こんな高度の高いところでもきちんと食事が出てくるって、ありがたいことですね。


b0188769_20321365.jpg



涸沢ヒュッテの食堂には、漫画『岳』の作者のサイン色紙が!
漫画、読んだことないのですが、きっとおもしろいんだろうなぁ。


この日は横尾から涸沢、穂高岳山荘まで登ってさらに涸沢までおりてきたので、体がくたくた。。
6時半くらいには、布団の上でごろりと横になっていました^^;

山小屋の小さな窓から、霧雨の降る空が見えて、あぁ今夜は星は見えないのかなって、
ぼんやり思いながら、いつしか夢の中へ。。


b0188769_20322141.jpg



翌朝、5時前。


b0188769_20323028.jpg



モルゲンロート。
朝日をうけて、穂高連峰が赤く染まっていきます。


b0188769_20323920.jpg



まんなかのトンガリ山が涸沢槍、その左が涸沢岳、さらにその左に穂高岳山荘。
右側のピークはキタホです。


b0188769_20325212.jpg



朝食後、出発の支度をして外に出ると、真っ青な空が広がっていました。

あのへこんだコル(谷)の部分に昨日いたんだなぁ。
あそこから見る朝日もきれいだろうな。


b0188769_2033183.jpg



涸沢では、ファミリー登山客もたくさん見かけました。
良い夏休みだね^^


b0188769_203391.jpg



大雪渓も見納めかぁ。。


b0188769_20331519.jpg



雪渓スノーマンをつくってみました☆


b0188769_20332261.jpg



この空の青さは、完璧だなぁ。
もう1日、涸沢で過ごしたかったです。


b0188769_2033288.jpg



きっと、また来よう。


b0188769_20333465.jpg



バイバイ、涸沢。


b0188769_20334229.jpg



下山後、上高地アルペンホテルでお風呂に入って、体力回復。
最後の下りも本当にきつくて、惰性で歩いている感じだったのですが、
お湯につかると不思議とリフレッシュされますね。

その後、上高地帝国ホテルでお茶。
素敵な空間でケーキとコーヒーをいただきましたが、カフェ時間を楽しむというより、
糖分摂取に励んでいた感じでしたが^^;

帰りのバスも渋滞にまきこまれ、5時に上高地出発、11時半頃新宿着でした~>_<

北アルプスの魅力にどっぷりつかった三日間。
いまだに登山地図を広げては眺めてしまいます。
今度は別の山にも登ってみたい!夢がふくらみます♪


***

『氷壁』のDVDを借りて見ています。
第1話のロケ地に、喫茶穂高が出てきました!
またあの喫茶店に行って、穂高をしのびたいと思います^^
[PR]
by kitokito-kamome | 2011-08-25 22:07 | 山時間
<< 高野山 涸沢 その3 >>