谷中喃々堂


谷中、ときどき京都
by kitokito-kamome
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

問わず語り

とりとめのない、季節の記憶。


b0188769_2351229.jpg



ここのところ、週末は出かけることが多くて。

ひさしぶりに歩く谷中は、知らない場所みたいに馴染みなく見えた。


b0188769_23511738.jpg



行き先のないときは、必ずこの三叉路を通りかかる。


b0188769_23513256.jpg



まだ夏の花が咲いているのに、ただよう金木犀の香り。

季節は今、夏と秋のあわい。


b0188769_074854.jpg



薄手のカーディガン1枚で、暑くもなく、寒くもない。

温度を失った町のなかで、なんだか心細くなる。


b0188769_063124.jpg



町のかそけき息遣いを探して、


b0188769_084544.jpg



一緒に耳を澄ませよう。


b0188769_085583.jpg



あぁ、空はこんなにも秋だ。

今日は神無月、はじまりの日。
[PR]
by kitokito-kamome | 2011-10-02 01:04 | 日々のこと
<< LE DAIBA 秋味 >>