谷中喃々堂


谷中、ときどき京都
by kitokito-kamome
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プフレーゲライヒト

2011年12月11日、谷中の雑貨屋さん「プフレーゲライヒト」が閉店しました。


b0188769_22321016.jpg



お店がオープンしたのは2007年の夏、
わたしが初めてプフレを訪れたのは2009年の梅雨ごろ。
以来、月に1、2回はお店に通っていました。

おいてある雑貨がかわいいのでお店に行ってしまうはもちろんのことですが、
やはりわたしは店主のライさんに会いにいってたんだなぁと思います。

ライさんとは妙な話しかしなかったので^^;、
なるべくお客さんが少ないようなときを選んでお伺いしていました。
雨の日とか、寒い日とか、閉店間際とか。

お店の前の一本道を歩いて向かう途中、お店のランタンが、灯台の明かりみたいに見えました。

小さく白いシンプルなお店の中で、外は夕暮れどき、他には誰もいなくて、
アロマがたかれた空間で、ライさんとおしゃべり。

家族のこととか、最近ハマッていることとか、芸工展が大変だったこととか、
キティちゃん柄のワンピースのこと、ライさんの野望、妄想トーク、などなど。
ライさんがボケて、わたしがツッコむ、みたいなパターンが多かった気が。。^^;

ひとしきり話してお店から出て引き戸をパタンと閉めた後、
暗くて寒い谷中の路地を歩いて帰る間も、
たのしかったお店の雰囲気がまだふわふわと自分のまわりにあるみたいな気がして。

本当に、たくさんのあたたかいものをいただきました。

接客の苦手そうなライさんが、それでもひとりでがんばって
お店を営んでいることにとても勇気付けられたし、
プフレがあったから、わたしは自分と谷中のつながりを実感できていたのだと思います。

情熱大陸とかに出て伝説のお店になるはずだったのに・・・笑
でもライさん、プフレーゲライヒトは、わたしの人生の中ではダントツで「伝説のお店」ですよ^^


心から、ありがとう。
これからますます、ライさんの人生が幸せなものになりますように。
[PR]
by kitokito-kamome | 2011-12-14 22:34 | 日々のこと
<< 粉もん × 東京にしがわ大学 その1 竈猫 >>