谷中喃々堂


谷中、ときどき京都
by kitokito-kamome
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

筑波山 その1

西の富士、東の筑波。


b0188769_1344439.jpg




先月、山の仲間と筑波山に登ってきました。
総勢20名弱の大きなパーティです^^

3月の土日はお天気の悪い週が続いていましたが、
この日はぴかぴかの晴れ空となりました。


b0188769_135885.jpg



つくばエクスプレスのつくば駅から、登山口までバスで移動。
登りはじめの道が、意外と急でした。

筑波山はロープウェーで登れることもあり、お山はかなり混雑していました。


b0188769_1355431.jpg



筑波山がおもしろいのは、奇岩があつまったアトラクションみたいなゾーンがあること。

ユニークな形の岩に、「弁慶七戻り岩」「出船入船」など、個性的な名前がついています。


b0188769_136397.jpg



んー、重い!
・・・ってこういうベタなこと、やっちゃいますよね^^;


b0188769_136139.jpg



犬のお散歩をしている方もちらほら。

目線ください!と声をかけたら、何かね?って感じで立ち止まってくれました(●´∀`)
よだれかけ、かわいいなぁ。

ゆるゆると2時間くらい登り続けると、山頂につきました。


b0188769_1363061.jpg



女体山(にょたいさん)山頂、877m。

筑波山は、男体山(なんたいさん)と女体山という2つのピークをもつ双耳峰(そうじほう)です。
右側には男体山の山頂が見えています。


b0188769_1363896.jpg



「筑波山は、一番低い百名山。1,000mない百名山は、筑波山と開聞岳だけなんだよ。」、と部長。

こんなに地表が近く見える山頂って初めてでした。


b0188769_1365357.jpg



自分の目線が鳥になったみたいで、不思議な浮遊感を味わいます。
低い山には低い山のおもしろさがあるなぁ♪

山頂で撮った写真をあとで見返してみると、みんな今にも空に駆け出していきそうでした^^


b0188769_1372621.jpg



さて、これからが今回の登山のメインイベントです!
[PR]
by kitokito-kamome | 2012-04-08 02:20 | 山時間
<< 筑波山 その2 春嵐 >>