谷中喃々堂


谷中、ときどき京都
by kitokito-kamome
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

秋田・大人の修学旅行 その3(ホテル帝水)

早春の男鹿を奏でる夕餉の献立。


b0188769_120211.jpg



今宵のお宿は、海と入り陽のホテル帝水。
水族館のすぐ近くの高台にあります。

凍えた体を温泉であっためたら、海の幸満載の夕食が待っていました^^


b0188769_1203274.jpg



サザエの土佐煮などの前菜、ローストビーフ、
旬の地魚盛り合わせ、アワビの素味噌焼き(もとみそやき)。

アワビを包む甘めの味噌の味わいが濃厚でした。


b0188769_1204142.jpg



お食事をいただいていると、ホテルの方が何やらお料理の支度を始めました。
真っ赤に焼けた、熱そうな石がたくさん。。


b0188769_1204881.jpg



タイ、ブリ、カワハギなどをぶつ切りにしたものと、お野菜が少々。


b0188769_1205629.jpg



では、始めさせていただきます、と調理が始まったのが、男鹿名物の石焼料理です。

もともとは、漁師さんたちの賄い料理だったそう。
まずは魚の切り身を木おけに入れていきます。


b0188769_121766.jpg



そこにあっつあつの石をどんどん投入して、いっきに水の温度を上げることにより、
魚の身をひきしめ、アクを出させます。

アクをとったら、お味噌を溶き入れます。


b0188769_1211973.jpg



最後に野菜を入れ、熱した石に押し付けてネギに焦げ目をつけるのが、ホテル帝水流。
香ばしい匂いが立ちこめます。


b0188769_1213069.jpg



岩のりを入れた大きなお椀にざくっと盛り付けて、できあがり☆
これはもう、郷土料理の鉄板だと思います。味噌ラブヽ(●´ε`●)ノ

男鹿産の甘鯛釜飯とともに、〆にいただきました。


b0188769_1213938.jpg



しばらく部屋でまったりと過ごし、あれ開けよっか、とお昼間に買っておいた地ビールを出してきました。

旨ネイガーに、なまはげボック。わたしは旨ネイガーの方が好きでした。
さすが秋田発・地産地消型オリジナル・ヒーロー、超神ネイガーです!!


b0188769_1214854.jpg



さらに新政(あらまさ)の発泡生酒と、市場で買ったソフト鮭とば。

すっかり新政のファンになりました♪ 
奇しくも今日の飲み会のお店でも新政があり、みんなにオススメしちゃいました^^


b0188769_1215723.jpg



修学旅行・・・ってことは、やっぱUNOですよね(´艸`)

ご近所友人Sが持ってきてくれたので、みんなでやることに。
昔と違うのは、傍らに新政があることですね^^;

わたしのカード、弱っ!おかげでよく負けました~。

久しぶりすぎて、みんなルールがあやふやで。
出てる数字より大きいやつ出すんだっけ?と、大貧民と間違ってる人が多かったですw


日付が変わるまで遊んで、星を眺めに露天風呂に行ってから、心地よい眠りにつきました。


b0188769_1221867.jpg



翌朝、天気予報を見て諦めていた晴れ空に出会うことができました。
また露天風呂から、爽快な朝の海を眺めます。

自然の力が東京よりも強くて、肌に触れる空気も濃い気がする。
おいしい朝ごはんでさらにパワーをチャージして、
2日目も秋田を満喫するぞ!と気合を入れたのでした^^
[PR]
by kitokito-kamome | 2012-04-21 01:59 | 旅時間
<< 秋田・大人の修学旅行 その4(... 秋田・大人の修学旅行 その2(... >>