谷中喃々堂


谷中、ときどき京都
by kitokito-kamome
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

四阿屋山 その1

森呼吸しよう。


b0188769_0461059.jpg






登山+温泉でどっか行きたいね、ということで、
秩父の四阿屋山(あずまやさん)に登ってきました。

メンバーは総勢8名…のはずが、部長が飲みすぎで寝坊したため、7名に^^;
薬師堂の横で簡単な準備運動をしてから登山開始です。


b0188769_0462093.jpg



うちの山部は50名くらいメンバーがいるのですが、幽霊部員も多く、
山登りの経験がある人は数えるほどで、かなりゆるい集まりです。

今回のメンバーも初めましてな方が多く、お互いのことを話しながら歩きました。


b0188769_0462923.jpg



この山部で登るようになってから、山で人物の写真を撮ることに興味が湧いてきました。

仕事の仲間でも、普段の友達でもない集団のなかで、最初は緊張ぎみだったメンバーが、
一緒に歩くうちに少しずつリラックスしてきて、自然な表情をみせてくれるようになります。

そんな横顔とか、ほころぶ笑顔とか。
カメラ目線ではなくて、少し油断している、さりげない顔を撮りたいと思うようになりました。

山登りしながら自然の美しさに素直に驚いたり、
山頂でおいしいご飯を食べて喜んだり、
そういうときのあなたの表情って、こんな素敵なんですよって伝えたくて。
きれい、かわいい、かっこいい顔よりも魅力的な顔ってありますよね。

でも人物を撮るのって難しい。。(-_-)
たま~にうまくいくこともあるのですが、だいたいボツ写真になっちゃいます。


b0188769_0463892.jpg



途中、歩道を挟んでから、本格的な山歩きになりました。


b0188769_0465267.jpg



ぐねんぐねんの宿り木発見!

写真に収まりきらないくらい、かなり長い木でした。


b0188769_0472889.jpg



両神(りょうかみ)神社の奥社につながる鳥居です。

木で簡単に組まれた鳥居が、かえって山の神にはふさわしい雰囲気で神々しく。


b0188769_047418.jpg



木々の切れ間から射す光が、まだ若い葉を照らしていました。
山はほとんど緑一色!


b0188769_0475162.jpg



わずかに名残りのキリシマツツジが、風景に紅をさしていました。


と、のんびり歩いていたら、寝坊の部長が登場!
登山口から走ってきたらしく、汗だくでした^^;
思いのほか早く合流できたね、と盛り上がるメンバーたち。


b0188769_048329.jpg



両神神社奥社に到着です。

ここから先は急登と地図に書いてあったので、こちらで十分に休憩をとりました。


b0188769_0481988.jpg



山頂まで、もうひとがんばり!


b0188769_048289.jpg



鎖がとりつけられた岩場が続きます。


b0188769_0483742.jpg



四阿屋山は標高772mと低い山なのですが、この最後の急勾配は意外とハードでした。

標高だけ見てあなどっちゃダメだね~とEちゃん。たしかに。


b0188769_0484995.jpg



やっとの思いでたどり着いた山頂はめちゃめちゃ狭くて、全然眺望もなく、
一同、ガーンΣ(  ̄ロ ̄lll) とショックを受けましたが…まぁ仕方ないですよね^^;
そういうお山もあります。

とりあえず、みんなで無事に登れて良かったです☆
[PR]
by kitokito-kamome | 2012-05-24 01:44 | 山時間
<< 四阿屋山 その2 若葉萌ゆる >>