谷中喃々堂


谷中、ときどき京都
by kitokito-kamome

2012年 04月 28日 ( 2 )

出水の小川

春雨じゃ、濡れてまいろう。


b0188769_22565075.jpg



日曜は一日雨降りで、お買いものメインで屋内で過ごしましたが、
ここだけは行っとこう、と出かけた場所。

御所、出水の小川の里桜です。


b0188769_2257050.jpg



花に包まれ、たたずむ。


b0188769_22571037.jpg



ひとつひとつの花が、全体に溶けて。


b0188769_22571911.jpg



雨粒が、輪郭をますます曖昧にしていく。


b0188769_22572884.jpg



花冷えの日の心細い気持ちが、ちいさな黄色い花に慰められる。


b0188769_22573843.jpg



はらりと散った花びらが、出水の小川を流れていきました。


b0188769_22574653.jpg



時忘れの里桜。
小川のほとりの桜景が、いいですね。


b0188769_22575577.jpg



新緑が目に鮮やかで、季節の移ろいを感じました。

今日からゴールデンウィーク、有意義に過ごしたいですね^^
[PR]
by kitokito-kamome | 2012-04-28 23:56 | 京都

六孫王神社

横でお花見、いいですか?


b0188769_23363710.jpg



4月下旬の京都、ソメイヨシノはもういないので、お訪ねするなら里桜。

八条通り沿いの、六孫王(ろくそんのう)神社に行ってきました。


b0188769_23364781.jpg



この神社には、清和源氏の祖先が祀られています。

お社の窓ガラスに、満開の里桜がうつりこんでいますね。


b0188769_23365546.jpg



里桜の枝は、しんなりと垂れ下がって、ぼんぼりのような花を目の前で見ることができます。

朝から降り続く雨をうけて、ますます頭を垂れる花びらが、
ふっくりと露をふくんで潤っていました。


b0188769_233768.jpg



無人の境内で、ゆっくりと花に向き合う時間。


b0188769_23371510.jpg



滴り落ちる、単調なリズムに花がうなずく。


b0188769_2337235.jpg



近くの綜芸種智院(しゅげいしゅちいん)にも立ち寄ってみました。

花散らしの雨にも負けることなく、明るく咲き誇る八重の花。
そんなふうに、ありたいなぁ。


b0188769_23373095.jpg



弘法さんの名桜・不二桜は、もうすっかり葉桜でした。
いつか満開のときに会いに来たいです。
[PR]
by kitokito-kamome | 2012-04-28 00:19 | 京都