谷中喃々堂


谷中、ときどき京都
by kitokito-kamome

<   2009年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ツキトカゲ / FUSHIMISAKEZO'S BAR

カラスマ大学の授業を終え、お腹がすいたのでランチに行きました。

まずは二条駅から地下鉄で烏丸四条駅へ。
荷物をロッカーに入れてから、再び地下鉄で丸太町駅に向かいました。


b0188769_22451913.jpg



駅を出て、鴨川方面に歩き、裁判所の角をちょこっと下がったところにある、
「ツキトカゲ」さんです。

築130年の町家を利用した店舗。 ここは男子ご飯なイメージのお店です。
地鶏と野菜のとろとろ煮込みカレーを注文♪


b0188769_22453083.jpg



お肉や野菜の正体もないほどほんとにとろっとろで、とってもおいしかったです。

遅めの時間だったので、そのうち店内にお客さんはわたし一人になってしまいました。

b0188769_22454356.jpg



ランチを終え、つじあやのさんのライブのために鴨川へ移動。
ライブ後、河川敷を三条まで下がってから、四条界隈をぶらぶらしました。

夕方友人と待ち合わせしていたので、それまで買い物しようと、COCON烏丸へ。
すると1階アトリウムで、こんなイベントしてました!


b0188769_22461974.jpg



FUSHIMISAKEZO’S BAR(フシミサケゾーズ・バー)です。
9月1日から10月31日まで開催されています。

伏見酒造組合開催で、京都伏見18蔵の清酒と日本酒が300円から楽しめます。

オーダーすれば、近くのスーホルムカフェ・オーバカナルから
おつまみメニューも運んでもらえるようです。

なぞのアフロキャラが印刷された枡が販売されていたので、思わず買っちゃいました♪


b0188769_22463028.jpg



わたしは一時期伏見に住んでいたことがあり、
大手筋のSATYでいろんな伏見のお酒を買って試していました^^

なので、伏見のお酒には、ひとかたならぬ思い入れがあります。
一番好きなのは、齊藤酒造さんの英勲「古都千年」です。

蔵元のトークイベントなんかもあるようです。
たくさんの方に、伏見のお酒が広まるといいなぁ。


***

今日の仕事帰り、つかれた~と駅から歩いていたら、こんなチラシを発見しました。


b0188769_22541140.jpg



谷中五重塔炎上を記録した8ミリフィルムをテーマにした映画です。
ベルリン国際映画祭フォーラム部門正式招待作品、だとか。

10月31日から、シネマート新宿で公開されるそうです。
おもしろそう!これは見るしかないですね^^
[PR]
by kitokito-kamome | 2009-09-29 22:57 | 京都

京都カラスマ大学

京都カラスマ大学って、ご存知ですか?


b0188769_23261013.gif



京都のいろんな場所を教室に、京都で活躍する人を先生に、
主に社会人が生徒となって行われる生涯学習を推進している団体です。

以前より噂は聞いており、一度参加してみたいと思っていたところ、
ちょうど上洛の日に授業があると知りました(今回そんなんばっか^^;)。

座学と実習があり、両方申し込んだのですが、実習の方は抽選漏れしてしまいました。
「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」なんかで有名な男前豆腐の本社で豆腐作り、という
非常に魅力的な講座だったのですが。。ザンネン。


b0188769_23304145.jpg



座学の会場である、BASE BY ELEPHANT@二条駅付近に向かいます。
こちらは、独立志向のクリエイターやアーティストさんの活動拠点として開かれている、
マルチスペースです。

開講10時半だったので、土曜日は6時に起床、
7時半に東京駅から新幹線に乗るという荒技をこなしました。。
新幹線の中では爆睡。JR嵯峨野線に乗った記憶もぼんやり…^^;


b0188769_23305836.jpg



会場に着いて、まず受付で今日の先生である高橋マキさんの本を買います。
小さなおみやげとして、唐長さんの京唐紙で折った栞がついてきました。
高橋さんが折ってくださったそうです^^


で、本日のテーマは・・・「ミソジの京都」!

テーマ名に最初うっとつまってしまいましたが(笑)、アラサーなわたしはまさにターゲット層。
どんなお話が聞けるだろう、と楽しみにしていました。


b0188769_23312995.jpg



「乙女以上、白洲正子未満。」

かわいいだけは卒業したけど、本物の美を語る力はまだ持たない、
そんな曖昧な立ち位置のミソジ女性が、なぜ京都に魅かれるのか。

京都人である高橋マキさんは、これまでFIGAROやananなどの雑誌の
京都記事のライターさんをやってきて、今回が初のエッセイ出版になります。

これまで数々の京都本を読んできたわたしですが、
この本は最近よくある『カワイイ京都集めました☆』的なものではなく、
過剰な甘さの無い大人の女性が書いた本、という印象を受けました。

目次を見ると、「知欲」「食欲」「物欲」「飾欲」「生活欲」という5つの“欲”から構成されています。
これは、京都に対して芽生えてくる欲を順番に並べたものとか。

いずれの項目でも、京都人ならではの視点を感じます。
紹介されているお店も、味わい深いお店ぞろいです。


b0188769_23315328.jpg



授業では、高橋さんから本のメイキングについてお話を伺った後、
5,6人でひとつのグループになり、「なぜミソジは京都に魅かれるのか?」について
少しディスカッションし、各グループの結論を発表しあいました。

わたしのグループでは、奈良・滋賀・大阪などいろんな地域からやってきた方がいらっしゃり、
女性も男性も、年配の方も若い方もいらっしゃいました。

初対面だけど、京都というテーマで、するっと自分の内面を話すことができて、
また、他の方の内面の話を聞くことができて、おもしろい機会でした。


b0188769_23381355.jpg



高橋さんや、他の生徒のみなさんの話を聞いていて思ったのは、
意外にも京都のことではなく、谷中のことでした。

京都という街に暮らし、そこに暮らす自分のことを見つめ、
さらにそんな自分が自分の住む場所に対してどんなことを返していけるか考える。
そんなことができる土地として、みんな京都に誇りを持っている。


わたしもそういう風に暮らせたらいいな。
それって谷中じゃできないのかなって。

もっともっと、首都としての東京ではなく、
東京ローカルから発信していけることがあるんじゃないかな。
東京も、一地方としての力を発揮できれば、より魅力的な土地になる気がする。

そして谷中には、まさにそれを実践して活動している人たちがいます。
特に10月は、art-link、谷中芸工展、一箱古本市と、アートなイベントが盛りだくさんの月。
こんな場所に暮らせて、よかったなぁ。


京都にいると、こんなふうに考えさせてくれるパワーをもらえます。
しばらくするとパワーが切れて、充電するためにまた京都に行くんですけどね^^;
やっぱり京都は京都、谷中は谷中、それぞれにわたしに必要な土地だなって思います。


***

気合いが入りすぎて、今日の記事は長くなってしまいました。。。
駄文長文、失礼いたしましたm(_ _)m

いつまでたっても卒業しない。
それがきっと、京都カラスマ大学の優等生。

この大学と、長くおつきあいしていきたいなと思います。
[PR]
by kitokito-kamome | 2009-09-28 23:55 | 京都

つじあやのフリーライブ

この土日は京都に行ってました!
あっという間の二日間だったなぁ。。

今回の上洛はイベント盛りだくさんだったのですが、まずはこちらをご紹介♪


b0188769_22525591.jpg



天気の良い土曜日、15時ごろ、鴨川西側河川敷、丸田町付近に集まり始める人々・・・。


b0188769_22531663.jpg



小さな木陰にちょこんと座り、歌いだしたのは、つじあやのさんです。
今年でデビュー10周年のつじさんが、
デビュー前に行っていたフリーライブを1日限定で復活させたもの。

ネットでそのことを知り、奇しくも上洛の日にライブがあったため、
聞かせていただくことができました。


b0188769_22533187.jpg



木陰で、川沿いの風に吹かれながら、つじさんの透き通った声が、
空に放たれていくそのそばで、眼をつぶって音に身を任せました。

なんて贅沢なんだろ。


b0188769_22534384.jpg



東京でフリーライブなんてやったら、人が集まりすぎて苦痛なばかりだと思うけど、
京都では鴨川河川敷の広さに合わせたくらいの人がちょうど集まっていて、
しかもみんな表情おだやか。お行儀もよいし(笑)

もちろんつじさんの音楽性もあると思うけど、なにより京都という土地が、
そういう歌や空気の愛し方を教えてくれてるんじゃないかな。


b0188769_2254037.jpg



リクエストも含め、4,5曲歌って30分ほどでライブは終わりました。
ライブを終えて、リラックスした表情をみせるつじさん。

周りのファンの人も、握手してください!とか詰め寄るわけでもなく、
もじもじと名残惜しそうに、つじさんを囲んでいました^^


b0188769_22542155.jpg



わたしはこの後、河川敷をずっと下がって三条までぶらぶらしました。

初秋の鴨川には、薄が揺れています。
この川があるから、京都に何度も来てしまうんだなぁ。


***

今週は、順次今回の上洛の記事をのっけていく予定です。

でも10月は、谷中が最もイベント盛りだくさんな季節なんですよね。
谷中のことも、ちゃんと書いていきたいです。


では、これからご近所にお土産配ってきます~^^
[PR]
by kitokito-kamome | 2009-09-27 22:55 | 京都

月夜と眼鏡

根津教会近く、築100年といわれる四軒長屋の一室に、雑貨屋さんがあります。


b0188769_236243.jpg



下町のちいさなお土産屋さん「月夜と眼鏡」さんです。
この辺りは、不忍通りから一筋入った、隠れスポットな感じがします。

お店の名前は、日本のアンデルセンと名高い児童文学者、
小川未明さんの作品からとったそう。


b0188769_2361415.jpg



月のいいばんのこと、おばあさんが針仕事をしていると、眼鏡売りの男が訪れます。

おばあさんは、なんでもよく見えるその眼鏡を買い、針仕事を終えて、
さて休もうかというときに、今度は女の子がやってきます。

指先に怪我をしてしまったという女の子の正体は…

月夜の眼鏡ごしだけに見ることができる、本当の姿。
きれいな、しずかな、物語です。


b0188769_236303.jpg



お店には、靴を脱いであがります。
わたしがお店の中に入ると、ちょうどくるりの「ハローグッバイ」が流れ出しました。

レトロな雰囲気の店内には、個性的なTシャツがいっぱい!
Tシャツの柄になっている動物たちも、どことこなく童話めいています。
少し風変わりで、不思議の国のアリスとかに出てきそうです。


b0188769_2364699.jpg



***

連休明けって、仕事に頭がついていかないです。。ふぅ。

あ、昨日谷中で飛行船見ました。


b0188769_2365810.jpg



「ききゅうだ!」と騒いでいるおばさまがいて、ちょっと笑ってしまいました^^
ゆうゆうと、気持ちよさそうに空を泳いでいました。
[PR]
by kitokito-kamome | 2009-09-24 23:10 | 日々のこと

向島百花園 / プール

9月の喋々喃々、栞はハルイチロウさんと連れ立って、向島百花園の月見の会に出かけます。


b0188769_21572159.jpg



今年の月見の会は10月2日~4日なのですが、一足お先にお邪魔することに。
近所に住む友人Sと、日暮里駅からバスに乗り込みました。

向島百花園は、江戸の文化・文政期に、骨董商を営んでいた佐藤某が、
江戸の文人墨客の協力を得ながら、草花鑑賞を中心とした花園として開園しました。

江戸時代の花園としては、現代に残る唯一のものとか。


b0188769_21574997.jpg



百花園を訪れるのに、秋は最も良い季節かもしれません。
園内のあちこちで、実を結ぶ草花を見ることができます。


b0188769_21581013.jpg



葛棚、ミツバアケビ棚、藤棚など、棚が集まるゾーンがありました。
みなさん、上を見上げて一休み。


b0188769_21582854.jpg



ハルイチロウさんの苦手な蛇にそっくりの、ヘビウリも大きな実をつけていました。
熟したものは黄色くなり、真っ赤な種が顔をのぞかせます。


b0188769_21585247.jpg



この時期見事なのが、萩のトンネルです。
萩を竹の柵にそわせ、トンネル状にしています。


b0188769_21593179.jpg



萩ってきれいなんですけど、写真に撮りにくい~>_<;
どうやって撮ったら、この優美な花の姿が写真におさまるんでしょう??


園内をうろうろ散策すると、お茶室が。
でも、栞とハルイチロウさんが参加したお茶会には、残念ながら間に合いませんでした。
このお庭を眺めながら、お薄をいただきたかったです。。


b0188769_21595382.jpg
b0188769_220590.jpg



ウメモドキに酔芙蓉、フウセンカズラに吾亦紅。
一つ一つ名前を確認しながら、秋のお庭を楽しみます。


草花だけでなく、生物の息吹もそこかしこに感じられます。
ユズリハの葉にとまった蝉の抜け殻、桔梗の花弁にいたずらする虫。


b0188769_2202755.jpg



池を覗けばざりがにも!きっともっとたくさんの生物がいるんでしょうね。


b0188769_2205013.jpg



たった150円でこれだけ楽しめるなんて!と友人Sと感動してしまいましたが、
ふと周りを見ると若い人はほとんどいませんでした・・・^^;

かわいい小鳥に見送られて、百花園を後にしました。


b0188769_2233991.jpg



***

百花園のあとは、映画『プール』を新宿で見ました。

これまで、『かもめ食堂』『めがね』では、友人同士の関係というヨコのつながりが中心でしたが、
今度は親子の関係というタテのつながりが初登場します。


たいした事件が起きるわけではないのですが、淡々と流れる画面の中で、
常にそのタテのつながりが、ピンと緊張の糸を張っているような気がしました。

さざなみのように心がざわつき、また平穏な日常の中に戻っていくような、
そんな印象を受けました。


映画館を出てから、ルミネのタイ料理屋さんへ!
すっかり乗せられていますが・・・^^;
シンハー飲みつつ、ピリ辛料理に舌鼓♪、でございました。


b0188769_2241412.jpg



グッズを買おうと思ったのですが、パンフ以外は売り切れてました(涙)

一緒に写っているのは、向島百花園で買った「みやこどりはしおき」です。
つがいで寄り添う姿がかわいらしいです^^
[PR]
by kitokito-kamome | 2009-09-23 22:08 | 喋々喃々

カヤバ珈琲

再オープンの日を心待ちにしていました。


b0188769_14342759.jpg



根津駅から善光寺坂を上がりきった上野桜木の交差点にある、「カヤバ珈琲」さんです。
昭和13年創業の古喫茶。残念ながら数年前に閉店してしまいました。

それでも、お店の建物や看板はそのままに残っていましたので、
いつか復活してくれるのでは、と一縷の望みをつないできました。


b0188769_14344949.jpg



最近、NPO法人たいとう歴史都市研究会がこの建物の修復を行っているという話を聞き、
実際に工事が行われているところも目撃したりして、期待が高まっていました^^


昨日、上野桜木を通りかかると、お店が開いていました!迷わず入ります。

お店の中に入ると、以前と雰囲気が変わらないようにされているのでは、という印象を受けました。
茶色の革張りの椅子もそのままに。

お店の名物だった「ルシアン」がまたメニューに載っていて、うれしくなりました♪


b0188769_1435519.jpg



コーヒーとココアがブレンドされた飲み物です。
肌寒い日のココアって、ほっとしますよね。

時間がなくてお店の滞在時間は短かったのですが、また本を持ってゆっくり過ごしに行きたいです。


***

今日はこれから実家に帰ります~。実家といっても神奈川なので、近いのですが^^;
のんびりしてきます☆
[PR]
by kitokito-kamome | 2009-09-21 14:37 | 日々のこと

根津神社 例大祭

今日は、根津神社の例大祭でした。


b0188769_23443123.jpg



六代徳川家宣の御世より行われる祭礼。
山王祭、神田祭とともに、江戸の三大祭と言われているそうです。

町内ごとに御神輿があり、鼓連をしたがえて町内を練り歩きます。


b0188769_2345919.jpg



暮れなずむ空。祭りの本番は、これから・・・。


b0188769_23453154.jpg



近所の後輩とともに、根津神社に向かいました。
所狭しと並ぶ露店。長らく修復されていた楼門もきらびやかに。


b0188769_23462284.jpg

b0188769_23464044.jpg



まずは、御社殿にお参りしました。


b0188769_23471364.jpg

b0188769_23475180.jpg



家の中の災厄を祓ってくれるという月次花御札を買い求めました。今月は、菊です。

後輩がおみくじを引くと・・・凶(T-T)
黙って結びつけて、御社殿を後にしました。。。


b0188769_23482437.jpg



神楽殿では、浦安の舞が奉納されていました。
意味はよくわからなかったけど、細かな所作にほぅっと見蕩れてしまいました。


b0188769_23493452.jpg



お祭りといえば露店めぐり。
まず生ビールを調達してから、玉子巻きフランクフルト、ホタテ入りたこ焼き、
じゃがバターにソースせんべい。
最後に射的でココアシガレットをゲット♪


ひととおり露店をひやかしてから、近くのNZバーへ。
ワインを3杯いただき、ほろ酔い気分で帰宅しました。


***

今日はウルワシ堂さんで髪を切り、ボブ子さんになりました^^ すっきり☆

まだ三連休ありますね。嬉しくてそわそわしちゃいます。
[PR]
by kitokito-kamome | 2009-09-20 23:51 | 喋々喃々

猫村さん

なんだか今日は仕事がぎうぎう(©くるねこ)でした。。

今日、同僚が貸してくれたもの。


b0188769_2294424.jpg



最近、4巻が出たんですよね。
既に読んだことがありますが、また読みたくなってしまって。


やっと明日からシルバーウィークですね。
残念ながら連休中に旅行の予定はないのですが、来週末は京都に行く予定です♪

やっと京都の記事が書ける~^^
今から計画に余念がないです☆
[PR]
by kitokito-kamome | 2009-09-19 02:32 | 日々のこと

HARQUA

プフレーゲライヒトさんのブログを見ていたら、かわいらしいCDが紹介されていました。


b0188769_23181687.jpg



HARCOさんとQuinka,with a Yawnさんのユニット、HARQUA (ハルカ)。
お二人はご夫婦で、こちらはエコロジーをテーマにしたコンセプトアルバムになっています。

  ♪
   見慣れてる景色に きっといつもある
   ありがとうを言う日は きっと きっと
   しあわせの途中に きっといつもある
   ありがとうを言う日は きっと ちょうど今日なんだ
  ♪

  ♪
   緑のカーテンで覆われた家に
   一人のおばあさんが静かに暮らしてる
   壁を伝うアイビーがこのまま
   駅まで伸びて私を連れてってくれたらなぁ
  ♪

ほんわか歌詞とゆったり音楽。やさしい気持ちになれます。

こちらのページで、ちょこっと試聴できます→


このCDの制作には、風力発電所で発電されたグリーン電力が使用されているそうです。

HPにある「そらべあ」って何だろう?って検索してみたら、
こんなかわいいホッキョクグマの兄弟が出てきました。


b0188769_23204953.jpg



地球温暖化によって、北極の氷が裂け、お母さんと離れ離れになってしまったそうです。
「そら」と「べあ」の涙を止めることができるのは、わたしたち一人一人の協力。

「そらべあ基金」では、グリーン電力の普及啓発や環境教育活動を行っています。
こんな活動があったんですね。知らなかった~。
[PR]
by kitokito-kamome | 2009-09-16 23:30 | 日々のこと

Ubatama

Tシャツはメディア。
そのデザインを見ると、着ている人のセンスや主張がわかる気がします。


b0188769_17589.jpg



そんなTシャツひとつひとつに手刷りの柄を版画しているアーティストさんがいます。

西日暮里の駅から道灌山下方面にまっすぐ行って、大島ラーメンの角を
左に曲がって左手に一筋入ったとこにあるお店、Ubatamaさんです。


伊藤若冲の絵をデザインしたTシャツがあるかと思えば、
はたまた楳図かずお氏の絵をシルクスクリーンしてみたり。

発想がユニークで、ついつい心魅かれてしまいます。
お店の方もとっても親切で、自分の欲しいイメージのTシャツについて、相談にのってくださいます。


b0188769_172652.jpg



ご近所に住む友人Sがサイの柄のTシャツを買っているのを見て、
わたしも欲しくなってしまって^^;

紺色のパフスリーブにダリアの花をプリントしたTシャツを注文しました。
サイズがなかったので、取り寄せに。今週末には引き取りに行こうと思います♪


***

今日は後輩の送別会でした。
1年生の頃から教育係を務めてきた後輩だったので、感慨もひとしお^^
焼肉をもりもり食べて、元気を充電しました!
[PR]
by kitokito-kamome | 2009-09-16 01:11 | 日々のこと