谷中喃々堂


谷中、ときどき京都
by kitokito-kamome

<   2010年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

オザワ洋菓子店

本郷のサッカー通りをまっすぐすすむと、ちいさな洋菓子屋さんがあります。


b0188769_22275724.jpg



創業40年、オザワ洋菓子店さんです。

2月の喋々喃々、まどかさんが毎年むすこさんにバレンタインデーでプレゼントするのが、
こちらのお店の看板商品。


b0188769_2228770.jpg



いちごシャンデです。
大きいのと小さいのがあるようですが、わたしが伺ったときは小さいのだけでした。

ひとくちサイズで、ちょうどよかったです。
いちごがみずみずしくて、生クリームとチョコが甘すぎません。
ふたつ、あっという間にペロリと食べてしまいました!


***

三崎坂を歩いていたら、寒緋桜が咲きはじめていました。


b0188769_22282598.jpg



早咲きの桜として有名なのは河津桜ですが、谷中でも先駆けの桜を見ることができます。
ふくらむ緋色の空気に、おもわずかけよって写真をぱちり☆


b0188769_22283899.jpg



去年よりも、もっと大きく枝を伸ばしている気がするよ。


今日は後輩Hちゃんと遊んで、夕方に解散。
ばんごはんは、おにぎりとぶた汁にしました。


b0188769_22284890.jpg



先日、映画「南極料理人」のDVDを見てから、ずっと食べたかったんです♪
映画のレシピ本を見ながらつくりました。

ぶた汁には酒粕を入れたので、からだがポカポカ。
ほっぺも真っ赤になりました●^-^●
[PR]
by kitokito-kamome | 2010-02-28 22:35 | 喋々喃々

under cover of darkness

夜陰にまぎれ、春がやってくる。


b0188769_0585551.jpg



会う人ごとに、口を開けば「今日はあったかいね、まるで春が来たみたい」。
会社帰りの電車の中でも、そんな会話を耳にしました。


ふだんはそんな話しないけれど、みんなも春を待ちわびていたんだろうか、と
自分との共通点に、思いがけず口元がほころびました。


開け放ったうちの窓から、夜風がつよく吹く音が、ときおり聞こえています。
はやく、春をつれてきてほしいな。
[PR]
by kitokito-kamome | 2010-02-26 01:01 | 日々のこと

RIGOLETTO / マンダリンオリエンタル

だいぶ、場慣れしてきたかもしれません^^


b0188769_028483.jpg


***
[PR]
by kitokito-kamome | 2010-02-25 00:41 | 部活動

Winter sweet

先週末はあまり谷中の写真を撮らなかったので、
今週はのんびりペースの更新になります。

寒いと、おうちにこもりがちになってしまって。。;


昨日は、職場の後輩とジンギスカンを食べました♪
2人で5人前もラム肉を食べてしまい、今日はふたりで反省しました-_-;


b0188769_0514896.jpg



蝋梅の花びらって、紙石鹸みたい。
香りもよいですし。

花びらを透かして、向こうの空が見えています。
儚く可憐なふゆの花に、なごませてもらっています^^
[PR]
by kitokito-kamome | 2010-02-24 01:00 | 日々のこと

食堂かたつむり

見たらおなかがすく、と前評判の♪


b0188769_22313883.jpg



友人Kと、映画「食堂かたつむり」を見てきました。
原作、小川糸さん。『喋々喃々』の作者です。

最初、柴咲コウ主演って聞いたときは、イメージとちがうなぁという気がしていたのですが。
もっと、ほんわか系の、地味な雰囲気の女の子が合うように思ったんです。

でも、実際に映像を目にしてみて。
恋人に一切合財もってかれて、一文無しになって、
自分の声も出なくなって、いけ好かないおかんの元にもどらなきゃならなくなって、
それでも誰かにおいしいものを食べてもらうために、料理をつくる。

ほわほわとした、きれいごとではないんだ。
なにがあっても、生きていかなきゃいけないんだ。
柴咲コウの強い眼を見て、そう思いました。

悲しいときも、おいしいものはおいしい。
自分ひとり、とりのこされてる気分になる。でも、ごはんはおいしい。
涙は出るけど、前を向いてる。

自分もそうありたいと感じました。


b0188769_22315015.jpg



映画を見終えた後、外に出ると、スープストックが、
映画に出てくるジュテームスープの出張販売をしていました。

12種類の野菜をにこんだ、恋を叶えるスープ、ジュテームスープ。


b0188769_2232810.jpg



ふたにかたつむりの絵が描いてありました♪かわいいサービス^^
きらきら光る東京の夜景をながめながら、スプーンですくって口に運びます。

かぼちゃの風味が強く感じられました。ピンクペッパーが良いアクセントに。

飲み終わった後、なんだかおなかがぽっかぽか。
体があったかいねー、と友人Kと言いながら、夜のまちを歩きました。


b0188769_22321872.jpg



映画に触発され、今日のばんごはんは、きのこのクリームシチュー。
鶏ムネ肉をそぎ切りしながら、このにわとりも誰かに愛されていたのかもしれない、と思いました。

小説の『食堂かたつむり』、また読みかえしてみようかな。
[PR]
by kitokito-kamome | 2010-02-20 22:37 | 日々のこと

ささやきの小路

2月の喋々喃々、栞の道案内に沿って歩いてみました。


b0188769_2374852.jpg



 『とにかく、路なりにどこまでもどこまでも進んでください。 
  間違ったかもと思っても引き返さないで。』


b0188769_2375619.jpg



ハルイチロウさんとふたり、つかの間の逢瀬を終えて。
別れ際、ほろ酔い気分で帰り道を説明する栞。
 

b0188769_238568.jpg



このまま別れたくないという気持ちを無理にでも押し込めて、2月の夜道を歩きながら、
ハルイチロウさんは栞のことを想わずにはいられなかったでしょうね。

どんどん魅かれていく気持ちを、とめようともせず。


b0188769_2381882.jpg



本の中の人物に、手を引かれるようにして歩く。

ここはわたしのお気に入りの場所、ささやきの小路です^^
[PR]
by kitokito-kamome | 2010-02-18 23:27 | 喋々喃々

羽鳥書店まつり

本好きの集まるまち。


b0188769_22465536.jpg



先週、寒風吹きすさぶ中、団子坂をのぼったところにある駒込大観音で、
青空古本市がひらかれました。

主催は、不忍通り沿いにお店のある古書ほうろうさん。

昨年千駄木で開業した出版元の羽鳥書店さんの蔵書を、
お買い得価格で提供してくださいました。


b0188769_2247388.jpg



羽鳥書店さんは、東京大学出版会から独立した編集さんがつくった出版社です。

法律・美術・人文書を中心とした出版をされていて、往来堂さんでも
山口晃さんの『すずしろ日記』や、辻惟雄さんの『ギョッとする江戸の絵画』などを見かけていました。

また、東京大学出版会時代のご縁を活かしてでしょうか、
憲法の長谷部先生や民法の内田先生の本なんかも出版されるようです。

1冊の値段が高く、読み手も限られている専門的な本を、
それでも出版し続けてくださるところがあるのは、本当にありがたいことだと思います。


b0188769_2247168.jpg



蔵書のクオリティが高く、100円なのに専門的なぶあつい本もあって、内容が充実していました。
かじかむ手をのばして、夢中で本をたぐりよせました^^;

むかし背伸びして読もうとした本も見かけたりして、
古い友人とばったり再会したような、なつかしい気持ちに。


b0188769_22472795.jpg



境内では梅が見頃でした。観音様の両脇に、白梅と紅梅がなかよく鎮座。


b0188769_22473751.jpg



白梅の方は、樹齢300年を超えるという蓬莱梅です。

紅梅は曇天をふきとばすように、白梅は曇天によりそうように咲いていました。


b0188769_22474647.jpg



本を買ったお客さんには、甘酒のサービス♪
羽鳥書店さんのロゴ入り千歳飴もいただき、大満足な古本市でした!

寒い中、4日間にわたりイベントを運営してくださったスタッフのみなさんに感謝です。
[PR]
by kitokito-kamome | 2010-02-16 22:57 | 日々のこと

森商店

今日も、はじめましてのお店に出会いました。


b0188769_20294146.jpg



かわいいロゴに誘われて見つけた、森商店さんです。
谷中ボッサさんやカヤバ珈琲さんの近くに、先週オープンしたばかりだそう。

若手作家の陶器やアクセサリー、雑貨などを扱う、ちいさなちいさなお店です。
スタッフは女性の方が3人いらっしゃいました。

わたしとお話してくださったのは、華奢なゴールドの指輪が女性らしい、笑顔のすてきな方でした^^
「お話するだけでもまたいらしてください」と言っていただき、うれしかったです。


b0188769_20294887.jpg



こちらは、森商店さんオリジナルのアロマオイル。
たしかベルガモット、ユーカリやローリエなど、7・8種類をブレンドしたものでした。
ジンの香りづけに使うような香りも入っているとか。

わたしはふだんユーカリのオイルを使ってるんです、とお伝えすると、
ユーカリのオイルには抗インフルエンザ作用があるんですよ、と教えていただきました。
だから今年はインフルエンザにかかってないのかな?^^

バレンタインにちなみ、チョコをかたどったテラコッタみたいな板もいただきました。
この板にオイルを数滴たらして枕元に置いたりかばんに入れておいたりすると、
気持ちがリラックスするとのこと。

こころがほぐれていくような、安らぐ香りです。


森商店さんは、土・日・祝日のみのオープンですので、お気をつけください!
[PR]
by kitokito-kamome | 2010-02-14 20:39 | 日々のこと

atelier de florentina

へび道をぬけたところに、ほっこりするお店がまたひとつ増えました。


b0188769_1365463.jpg



数日前から通りかかり、オープンの日を楽しみにしていました。

atelier de florentina(アトリエ・ド・フロレンティーナ)さん。
フロランタンというお菓子の専門店です。


以前こちらには「たまえちゃんち」というお名前のスナックがあったのですが、
大きな窓をつくったりして改装をして、かわいらしい開放的なお店になっています。


b0188769_1371298.jpg



フロランタンとは、メディチ家のお姫さまがフランスの王さまに御輿入れするときに、
フィレンツェから持っていったという、フランスの焼き菓子です。

お店の中にはキッチンがあり、すぐそこでお菓子を焼いているそうです。
バレンタインのプレゼントに友人にあげようと、いくつか箱に包んでいただきました。


b0188769_1372397.jpg



女性の店主さんはとっても気さくな方で、いろいろとお話してくださいました。

フロランタンのお店を開くのは谷中が初めてで、以前はケータリングのお仕事をされていたとか。
今日は4つの味(プレーン、ライト、ココア&ヘーゼル、シトラス)でしたが、
和風の味も試作されているそうで、これから味の種類も増やしていくそうです。

店主さん、まだレジのうち方がぎこちない感じでした^^


b0188769_1373678.jpg



数ある花束の中でもひときわセンスが良いなぁと魅かれたこのお花は、
お隣のオーダーシャツのお店、dou*douさんからのお祝いでした。さすがです^-^


b0188769_1374952.jpg



これでこの一角には、

 フロランタン専門店→オーダーシャツのお店→ファッション雑貨のお店→ベーグル屋さん

という4つのお店が並ぶことになりました。

ますます谷中歩きが楽しくなりそうです♪♪


***

本日は、第5回ラウンジ部でした。
終電ギリギリで無事帰宅。寒かったです。。
[PR]
by kitokito-kamome | 2010-02-14 01:40 | 日々のこと

Night walk

仕事が長引いた金曜日には、夜のお散歩。


b0188769_0471238.jpg



今晩はそこまで寒くなかったので、足のおもむくままに谷中を歩きました。

うす暗い寒空の下、そこだけ燃えるように朱い、みしま地蔵さん。
B29による空襲で亡くなった方の霊をなぐさめるためにおわします。

あしもとを見ると、ちらばる薄桃色の花びら。
幻想的で、むやみと感傷的になってしまう光景でした。


b0188769_0472327.jpg



こちらは、谷中小学校の前にある大名時計を模した時計です。
夜に見ると、いつも大きくてこわいなぁと思っていました^^;
不気味な雰囲気もふくめ、パチリと写真におさめました。


そこまで寒くないとはいえ、長く歩いているとからだの中から冷えてきます。。
急いでおうちに帰り、そば茶を淹れてぬくまりました。


***

おまけ。


b0188769_0473586.jpg



Tシャツ屋さんのUbatamaさん横でみつけた自販機です。

以前Ubatamaさんにお伺いしたときには、
市販の時計をUbatamaオリジナルにアレンジしていらっしゃいましたが、
自動販売機までもUbatamaナイズしてしまうとは!

夜道を照らしてくれる、頼もしい味方です☆
[PR]
by kitokito-kamome | 2010-02-13 00:52 | 日々のこと