谷中喃々堂


谷中、ときどき京都
by kitokito-kamome
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2010年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

沼津アルプス その1

「縦走(じゅうそう)」ってご存知ですか?


b0188769_1843160.jpg



こんなふうに連なった山の尾根に沿って歩くこと。

てっぺんまで登ってすぐおりてしまうよりも、山の雰囲気が楽しめて好きなんです。
八ヶ岳の縦走は大変でしたが、もっと気軽に縦走できるスポットが沼津にあります。

そこは、沼津アルプス。
地元の方には「沼ア」と呼ばれ親しまれているお山です。

一番高い山でも400m弱と低い山なのですが、起伏が激しく、
やや健脚向けのコースとなっています。


先週日曜朝9時、東京駅でラウンジ部副部長Yと待ち合わせ。
お昼ごはんをグランスタで買ってから、こだまに乗って静岡県の三島へ。
そこから東海道線に乗り換えて、沼津駅下車。
駅の案内所で、沼津アルプスの地図をいただきました。

登山口へは、タクシーで移動。
ちょうどバスが2時間も来ない時間帯だったのです。。>_<
沼アの真ん中くらいにある、バス停の香貫台口から登り始めました。

最初は急な登り坂が続きます。
息も上がってきたころに、尾根にとりつきました。


b0188769_18431974.jpg



ここから南行していきます。(右側に進みました。)


b0188769_18434621.jpg



木漏れ日がきらきら。前日の夜少し雨が降ったこともあり、緑が生き生きしてました♪


b0188769_18435982.jpg



しばらく歩いていると、視界の開ける場所に出ました。
来し方をふりかえれば、冠雪した富士山!


b0188769_1844730.jpg



そして眼下に広がる紺碧の海。
しばらくここから動けませんでした。


b0188769_18442462.jpg



なだらかな尾根を進むと、アルプスのハイジな気分に^^;
志下山山頂を越えて、「中将さん」にたどりつきました。


b0188769_18454364.jpg



一の谷の合戦に破れた平重衡が隠れ住んでいた場所です。
重衡はやがて追っ手にみつかり、この山の中で自害して果てたそうです。


b0188769_18444693.jpg



ここからけっこう登り坂がきつくなってきます。
トラロープが張ってあるので、これにつかまりながら、一歩一歩足場を固めて進んでいきます。


b0188769_184579.jpg



小鷲頭山に到着!
ここでお昼にしました。


b0188769_184658.jpg



本日のお昼は、きのことローストチキンのフォカッチャとニース風サラダ☆
山ガールっぽく(?)、かわいいお菓子を買ってみました^^;

ほんとはバーナーでお湯をわかしてコーヒーを淹れる、とかやってみたかったのですが、
重いしちょっと無理。。

ということで、おうちで出発前に谷中珈琲を淹れ、水筒に入れてもってきました^^


わたしが写真を撮っている間に、既に浅草今半の牛肉弁当にがっつく副部長Y。。。
肉食系女子だー、と笑ってしまいました^^
[PR]
by kitokito-kamome | 2010-04-29 18:50 | 山時間

How to make YAMA-girl?

山ガール、はじめました。


b0188769_2605.jpg



おととし富士山に初めて登って、その翌年の夏に八ヶ岳に登ったら、
すっかり山登りにハマってしまいました。
それまで根っからのインドア派だったのですが。。ふしぎ。

そして山ガールの存在を知り、雑誌「ランドネ」で研究の日々(笑)。
山登り、とまではいかなくても、ハイキングでも十分楽しめると思い、
先週山ガール☆でびゅう、と相成りました^^

山ガールって、うまく説明できないけれど、かわいくたのしく山登る女子のこと。
わたしは初心者向けの「山ガール指南書」にめぐりあえず、まだまだ試行錯誤中です。

これから山を登りはじめる女子のために、そして自分の備忘のために、
初めての山ガールの記録を残しておきます!

4月のハイキング、こんなウェアと持ち物で行ってきました。

【ウェア】
○パーカー
○綿シャツ
○スカート×レギンス(ロングパンツorショートパンツ×レギンスでもよし)
○厚手の靴下(山登り用)
○トレッキングシューズ
○帽子
○ウィンドブレーカー(ゴアテックス)
○腕時計

 *雑誌「ランドネ」でスタイルを研究し、アウトレット&ユニクロでウェアをそろえました^^;
 *スカート×レギンスは、いかにも山ガールな格好^^ いずれもユニクロです。
  スカートでも伸びる素材なら歩きやすいし、汚れてもレギンスなら洗濯が簡単!
  差し色には、タウンでは着ないようなビビッドなカラーがおすすめ。気分があがります↑
 *個人的には、靴下とトレッキングシューズはお金をけちらないほうがいいと思います。
  足の疲れ具合が格段に違います。
 *ゴアテックスのウィンブレも、長く使うものと思ってちゃんとしたものを買いました。
  モンベルのです♪
 *普段時計をしない方も、山では腕時計は必須。
  無理しないためにも、時間管理はこまめにしたほうがいいです!

【持ち物】
○リュック
○レジャーシート
○お弁当
○行動食(あめ、チョコ、おせんべい等。小分けの袋になっているものを少しずつ)
○リップクリーム
○手鏡
○常備薬、ファーストエイド
○地図(ルートに時間が記載されたもの。大きな本屋さんやスポーツ用品店で売っている。)
○軍手(どんな場所に登るにしてもあったほうがいいです!)
○着替え(下着、トップス、靴下)
○タオル(汗拭き用、温泉用、体洗う用)
○髪ゴム
○化粧品、日焼け止め
○水筒(魔法瓶。念のためビニールに包んで)
もしくはペットボトルでお茶、ポカリなど。4時間以上歩く場合は3本必要。
○お財布(普段使いのものでなく布製のふにゃふにゃのものがベター)
○ウェットティッシュ、ポケットティッシュ
○携帯電話
○ごみ袋
○カメラ
○気温が心配な場合は、予備の服(なるべくかさばらないもの)
○アミノ酸顆粒

さて、これだけそろえたら、山に登りましょう!
東京から日帰りでも、すぐそこに山はあるんです^^
[PR]
by kitokito-kamome | 2010-04-29 02:24 | 山時間

One-Day Trip

山笑う。


b0188769_21404371.jpg



ばっちり晴れてくれました♪
空は碧く、海も蒼かった。

明日、筋肉痛になるのは間違いなしです>_<;
今日はもう休みます。。。
[PR]
by kitokito-kamome | 2010-04-25 21:43 | 山時間

relaxin' holiday

ここ数日続いた雨があがり、おだやかな休日となりました。


b0188769_2349029.jpg



お昼過ぎに起きて、夕方、フロレンティーナさん(→☆)にむかうと、既に売り切れでした。。

フロレンティーナさんは、平日の雨の日におやすみになることがあります。
ちょっと喋々喃々のひめまつ屋に似てますね^^


そこから気ままに歩いて、ふらふらと桜さがし。


b0188769_23491224.jpg



枝垂桜が美しかった瑞輪寺さん(→☆)では、今、八重山桜が満開です。
ぱぁっと華やかですね。


b0188769_23492422.jpg



ほんと、春は眠いわぁ。。

と言わんばかりの表情で、思わず笑ってしまいました。
こちら、自性院さん(→☆)の境内でも、八重山桜が咲いています。


b0188769_23493996.jpg



谷中のお寺をあちこち覗いてみると、驚くほどいろんな種類の花が開いていました。

こちらは牡丹をしょったバイキンマン地蔵!
いつもの三割増しくらい輝いてました^^


b0188769_2350131.jpg



今週も、プフレーゲライヒトにお邪魔してしまいました。

だって、こんなかわいいもの入荷しました、ってライさんのブログに書いてあって。。
すっかりライさんにのせられています。。うむむ。

ギャラリースペースでは、コジマユウジさん展「たより」を開催中。
明日までですので、訪問はお早めに♪


さて、明日は少し遠出します。お天気になりますように!
[PR]
by kitokito-kamome | 2010-04-25 00:01 | 日々のこと

東叡山 浄名院

そこへ行くと足がすくむ。


b0188769_2344885.jpg



上野桜木から鶯谷駅方面に歩いていると、左手にお寺があります。

このお寺はもともと上野の寛永寺の末寺として建てられましたが、今は独立しています。


b0188769_23441992.jpg



ここは八万四千体地蔵で有名な、東叡山 浄名院(じょうみょういん)。

実際には八万四千体もお地蔵さまがいらっしゃるわけではありませんが、
数えきれないほどびっしりと隙間なく並んでおられます。


b0188769_23443041.jpg



こちらは江戸六地蔵のひとつ、第六番目のお地蔵さまです。

江戸六地蔵とは、江戸時代の前期に、日本橋に通じる街道のうち、
江戸の出入口六か所に造立されたもの。

お江戸を守るゲートキーパーです。


b0188769_23444362.jpg



ここにひとりで居ると、心がざわざわと騒ぎだして、安らかではいられません。
何かに追い立てられるような気がして、長居できないのです。

信仰の深さというか、執念のようなものが怖いのかな。

救済のためにここまでお地蔵さまを必要とするほど、
衆生とはこんなにも罪深いのかと、おののいてしまいます。


b0188769_23445861.jpg



旧暦8月15日には、へちま供養が行われます。
せきやぜんそくに効用があるのだとか。

今年はちょこっと顔を出してみたいです。
[PR]
by kitokito-kamome | 2010-04-23 23:50 | 日々のこと

鬱金桜

ソメイヨシノの季節を過ぎれば、八重桜や枝垂桜が華やぐ気配。


b0188769_0101263.jpg



先々週くらいの天王寺さんの桜です。

こちらは、谷中七福神のうち毘沙門天をおまつりしているお寺。(→☆)
谷中霊園の中にあります。


b0188769_0102951.jpg



七福神めぐりをした頃は寒々しかった枝に、ぽんぽんとぼんぼりのように可憐な花が開いて、
天王寺の境内を春めかせていました。

威光をつかさどる毘沙門天も、思わず頬をゆるめてしまいそう^^



この春、ある桜の木を求めて、何度も谷中霊園に足を運びました。

開花はソメイヨシノから遅れること2週間ほど、スロースターターなその花を見つけることができず、
何度も前を素通りしてしまいました。。^^;


b0188769_0105768.jpg



4月の喋々喃々、栞とハルイチロウさんが、谷中霊園でお花見するシーンがあります。

 「向こうに、鬱金桜(うこんざくら)っていう珍しい木があるから、それを見に行きましょう」
 「鬱金桜?」
 「ええ、別名黄桜とも呼ばれていて、淡い黄色の花が咲くんですよ」


b0188769_011727.jpg



谷中霊園の桜のトンネルを歩いて、この木の前に立つ頃には、夜のとばりがふたりを覆う。
重なるふたつの影を、 見ないふりしてそしらぬ顔で、花は咲いていたのだろうか。


b0188769_01118100.jpg



こちらの桜、二代目歌川広重が描いた「江戸名所図会 天王寺」にも、
『境内に桜木多し、なかんずく浅黄桜(あさぎざくら)の名木あり』とうたわれたそうです。

最近お花屋さんでも、黄緑色の花を見かけます。
葉の色とのグラデーションが美しく、花束の中に1、2輪入っていると、
他の花もいっそう引き立つように思います。


b0188769_011525.jpg



ちなみに、こちらはArt Space Gent(アートスペースゲント)さんの前にある鬱金桜。
谷中霊園のものより、すこし赤味がかっているように見えました。


***

久々の喋々喃々シリーズです。
4月の喋々喃々、栞とハルイチロウさんの距離感は、近くて遠い、微妙な感じ。

春の夜の夢のごときふたりの邂逅の舞台として、
淡い色合いの鬱金桜はぴったりだなぁと思いました。
[PR]
by kitokito-kamome | 2010-04-21 00:26 | 喋々喃々

RAINBOW KITCHEN

ダンゴザカシタ、ニジダイドコ。


b0188769_022010.jpg



千駄木駅改札を出て左、三崎坂のお向かいに伸びる団子坂のふもとに、
RAINBOW KITCHEN(レインボーキッチン)というお店があります。


b0188769_0221358.jpg



アメリカンテイストな店内で、オーダーしてから待つこと20分ほど?


b0188769_0222451.jpg



サムライバーガーです☆
白髪葱のトッピングに胡麻ダレのソースがかかった和風なお味。

こちらのハンバーガーは、全然「ファースト」フードじゃないです^^
スローに楽しむハンバーガー。


b0188769_0223756.jpg



カーリーポテトが添えられています。
むぎゅっとつぶして、大きな口でぱくり♪

ちょっとお行儀悪いですが、なんだか元気になる味です。
ピクルスも肉厚でおいしかったなぁ。


b0188769_0225394.jpg



こちらのお店、わりと夜遅くまでやっていらっしゃるんですね。
17時~23時までのディナータイムには、ハンバーガー以外にもおつまみを注文できるようです。

仕事帰りにちょっと立ち寄って、温野菜のアンチョビソースを肴にコロナを飲む、とか^^
楽しい想像が広がります~


***

先週末は、実家に帰っていました。

母親と買い物に行き、思いがけない大バーゲンに遭遇したり、
電車に乗ったら俳優の松重豊さんがお向かいに座ったり!

次から次へと起こるハプニングに、盛り上がりました^^;
[PR]
by kitokito-kamome | 2010-04-20 00:31 | 日々のこと

Nezu cafe

すこしだけ早起きして、朝の珈琲時間。


b0188769_23313050.jpg



根津神社の近くにカフェがオープンしたと聞いて、行ってみました。

Nezu cafe 根津珈琲店さんです。
根津カフェブレンドを注文しました♪

会社に行く前のひととき、仕事のことはすっかり頭から追い出して、
東京近郊のハイキングの本を読みました^^

春山、早く行きたいです!


b0188769_23313949.jpg



今日の谷中はとても寒いです。
今夜、場所によっては関東でも雪が降るそうですね。

いつになったら、うららかな春のひざしを楽しめるのかなぁ。。
[PR]
by kitokito-kamome | 2010-04-16 23:38 | 日々のこと

清林山 大泉寺

ここの桜は、毎年圧巻。


b0188769_1151593.jpg



天台宗の清林山 大泉寺(だいせんじ)さんです。

門前にせりだした枝の圧倒的なパワー!
細い道を曲がると突然たちあらわれるこの光景に、思わず足を止める人がたくさんいます。


b0188769_1153488.jpg



門をくぐると、「憩」と冠した休憩所があります。
ガラガラと引き戸を開けて、刺し子のおざぶにちょこんと座りました。


b0188769_1154683.jpg



硝子越しに、はらりはらりと舞う花びらを眺めながら、憩うひととき。


b0188769_1155866.jpg



この大泉寺は、明治の日本美術勃興の大切な舞台となった場所です。

日本美術学校を岡倉天心が立ち上げるきっかけとして、「美校騒動」という
岡倉氏へのバッシングがあったそうです。

この誹謗中傷に憤慨した橋本雅邦や高村光雲らが、
岡倉氏を支持する声明を出すために集まったのが、ここ大泉寺。

そんな血気盛んな事件があったことなど、今は微塵も感じさせませんが^^;


b0188769_1161120.jpg



ごっつい甍(いらか)に、華奢な花。その対比が、余計に胸をどきどきさせます。

見ているそばから散っていく桜の木の下で、飽かず立ち尽くしていました。


b0188769_1162292.jpg

[PR]
by kitokito-kamome | 2010-04-16 01:18 | 日々のこと

倍増山 金嶺寺

ときどき変わるお言葉が、楽しみです。


b0188769_23531537.jpg



倍増山 金嶺寺の前にある掲示板。
白墨であざやかに書かれた文章は、不定期で新しいものになっていきます。

 『求道 すでに道である』
今のシーズンのお言葉が好きです。


b0188769_23532960.jpg



境内には、純白のおおきな桜のはな。
黒いラブラドールがぼんやりとねそべっていました。


b0188769_235350100.jpg



こちらのお寺は、神田からのお引越し組のひとつ。

今は門構えからして、あまりお寺っぽくないです。
身近なご近所さんという感じ。


b0188769_2354731.jpg



この時期、まだ咲き誇っている桜があると、すがるように眺めてしまいます。

その種類も名前も知らず、むさぼるように写真を撮るだけのわたしを、どうか許してほしい。
そんなことを想いながら、花を見上げる自分は、ほんとにちっぽけです。


b0188769_23551587.jpg



***

桜の写真がつづいています。
桜をとおして、寺町谷中のお寺ひとつひとつに向き合っていくことが、とても楽しいです。

残り少ない桜チャリダーの出動期間、大切にしていきたいです。
[PR]
by kitokito-kamome | 2010-04-15 00:02 | 日々のこと