谷中喃々堂


谷中、ときどき京都
by kitokito-kamome
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2010年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

卵一個ぶんのお祝い。

読むクスリ。


b0188769_121653.jpg



仕事におわれて、心に余裕がないこのごろ。
川上弘美さんの、『卵一個ぶんのお祝い。』を読み返しています。

こちらは、川上弘美さんが、雑誌「東京人」で連載しておられた日記をまとめたものです。
5分の4はホントのこと、という"概ね"本当日記^^

ほんわかした挿絵と、5分の1のインチキに、思わずほろっと口元がゆるみます。


余裕がないときに写真を撮ると、どうしても違和感のある写真になってしまう。

先週末もいくつか谷中を撮ってみたのですが、
伝えたい雰囲気がぜんぜん写ってないなぁと思うものばかりでした。

こういうときは、焦らない。
自分のこころが戻ってくるまで、じっと待つ。

川上さんの日記にも、くさくさしたり、ちょっと納得いかなかったり、そんな場面もあれば、
おいしいものをほおばってフクフクしているときもありました。

へこんでる毎日も、こうしてくすっと笑える毎日に変えていける。
そんなところ、わたしもマネしたいなぁと思うのです。
[PR]
by kitokito-kamome | 2010-06-30 01:14 | 日々のこと

午睡猫

とろーんとした表情に、めろめろです・・・


b0188769_2335217.jpg



谷中を歩いていたら、こんならぶりーな猫に出会ってしまいました!

自転車のうしろについているカゴの中をひょいと覗いてみたら、お昼寝中だったようで^^


b0188769_23353566.jpg



今日は所用で新宿のパークハイアットに行ってきました。
レモングラス&グリーンティー、むしむしするこの季節にすっきりと喉を潤してくれました。
[PR]
by kitokito-kamome | 2010-06-26 23:37 | 日々のこと

梔子の生垣2010

思ひ出すとは 忘るるか 思ひ出さずや 忘れねば。


b0188769_237392.jpg



今頃咲いてる気がする、と思い立った先週土曜のお昼過ぎ。
ヒマラヤ杉近くにある、梔子の生垣を訪れました。

去年もこの梔子を見にきました。(→☆)
ずっとこの木はここにあったのに、忘れていたなぁ。

近くの道が、匂い立つ。
梅雨の曇り空が、甘い香りでわずかに歪む。


b0188769_238056.jpg



萌黄まじりの小さなつぼみが、


b0188769_2381212.jpg



ふしゅるとほどけて、広がる瞬間。



b0188769_2382520.jpg



枯れゆくもの、咲き誇るもの、まだ固く閉じこもったままのもの。
皆ただそれぞれが、あるようにあるだけ。

今年も、会えてよかった。


b0188769_2383180.jpg



***

今日の夕方、会議中の職場の窓から見た空がすごい茜色で、
写真撮りたいなぁと、ぼんやり眺めてしまいました。

今年は、あまり雨の降らない梅雨になるのでしょうか・・?
[PR]
by kitokito-kamome | 2010-06-23 23:24 | 日々のこと

カヤバ珈琲のたまごサンド

ほおばれば、幸せ気分♪


b0188769_22302573.jpg



旧カヤバ珈琲の名物、たまごサンド。
新カヤバ珈琲にもひきつがれています。

カヤバ珈琲とは、上野桜木にある古式ゆかしい喫茶店です。
一度お店が閉まりましたが、時を経て再生しました。(→☆)


こちらのたまごサンドには、オムレツ状のたまごが挟んであります。
マスタードと胡椒の風味がほんのり。お好みでお塩をふってくださいとのこと。
全体的にほわっほわで、やさしい味です。


b0188769_22304767.jpg



一緒に頼んだドリンクは、谷中ジンジャー。

谷中生姜をつかっているのかどうかわかりませんが、
微炭酸のジンジャーエールです。 後味すっきり☆

ランチにハヤシライスなどもいただけるようで、
また今度来てみよう~と思いました^^


***

今日は、夏至。
短夜を、キャンドルライトで照らそう。
[PR]
by kitokito-kamome | 2010-06-21 22:35 | 日々のこと

軽井沢 その4 (ハルニレテラス)

ゆっくりと目覚めたら、高原の朝ごはん。


b0188769_2346466.jpg



サラダは各自好きなものをとるスタイルでした。
野菜ジュースで、しゃっきりと目覚めます。


この日の午前中は、アウトレットの軽井沢・プリンスショッピングプラザに行きました。
かなり広く、店舗もたくさん入っていましたが、そんなにお安いわけではなく。。。^^;

アウトレットからバスに乗って、星野エリアに向かいました。


b0188769_23465719.jpg



2009年7月にオープンした、ハルニレテラス。
こちらは、雑貨やベーカリー、レストランなどのお店が集まった地域です。


b0188769_23471092.jpg



ハルニレの木立、ゆるやかな遊歩道。

アウトレットにも飲食店はありましたが、ランチはハルニレテラスにしよう、
ということでやってきました。


b0188769_234719100.jpg



川上庵さんでお蕎麦をいただくことに。
信州に来てお蕎麦を食べない手はないですよねっ。


b0188769_23473440.jpg



天せいろの並と、わらびもち。
わらびもちは、副部長とはんぶんこしました。

ものすごくコシのあるお蕎麦!天ぷらもサクサクでした。
写真だと隠れちゃってますが、マイタケの天ぷらが一番好きでした^^

わらびもちは、水が良いのかなぁと思ったのですが、とろけるような食感でした。

川上庵さんて、東京にも店舗があるみたいですね。機会があったら行ってみたいです。


b0188769_23474757.jpg



PURE MILK GELATO NAGAI FARMさんのジェラートを食べたあと、
カフェ&ブックス丸山珈琲さんでコーヒーをいただきつつ、まったり。

カフェには、食や自然に関する本がたくさん置いてありました。
コーヒーがおいしくて、ハルニレテラスのオリジナルブレンドを、
缶入りでお土産に買っちゃいました♪


b0188769_23481863.jpg



ハルニレテラスから少し歩いて、軽井沢高原教会を見に行きました。
結婚式で大人気の教会みたいですね。

わたしたちが伺ったときも、結婚式の真っ最中でした。


b0188769_23493577.jpg



すぐ近くにもうひとつ、石の教会があります。
こっちも結婚式の予約でいっぱいなのだとか。

わたしはこちらの方が好きでした。
ちょっとした舞台装置みたいな感じでしたよ。


b0188769_23485786.jpg



おうちに帰ってから、お土産のそばパスタとアンチョビ&トマトのパスタソースを使って
晩ごはんをつくりました☆

帰ってきてからも、しばらく軽井沢モードがぬけませんでした。。


***

軽井沢編におつきあいいただき、ありがとうございました!
思いのほか長くなってしまいましたが。。^^;


b0188769_2354676.jpg



今日の谷中は蒸し暑かったです~>_<;
ちょっとお散歩しただけで、じっとり汗ばむ感じ。

この時期、枇杷がたわわに実っている木をいくつか見ることができます。
おいしそうだなぁ。
[PR]
by kitokito-kamome | 2010-06-19 23:58 | 旅時間

軽井沢 その3 (軽井沢ロンギングハウス)

お宿には、うれしいサプライズが待っていました♪


b0188769_1564322.jpg



この日は、オーベルジュの「軽井沢ロンギングハウス」に宿泊しました。

滝から軽井沢駅までバスで戻り、バスを乗り換えて、10分くらいで最寄りのバス停に到着。

今回の旅は、バス運がよかったです。
本数が少ないわりに、あまり待たずに乗ることができました。


b0188769_1565334.jpg



広い敷地、開けた空。シロツメクサが出迎えてくれました。
小さなハーブガーデンなどもあり、映画「西の魔女が死んだ」の雰囲気です☆

わくわくしながらチェックイン。
スタッフのお姉さん曰く、「スタンダードのお部屋でご予約いただきましたが、
ゲストハウスにご案内いたします」とのこと。

副部長もわたしもよくわからず、ちょっとしたアップグレードかな、
と思っていたら案内されたのは…


b0188769_157432.jpg



こちらの一軒家です!
びっくりしすぎて、声も出ないわたしたち(・。・)

ひととおりお部屋の説明を受け、「何かご質問はありますか?」とお姉さんに問われるも、
「なんでわたしたちがこんな部屋に!?」と質問するわけにもいかず、
「なにか困ったら…ご相談します」と答えるのがやっとでした。。

このゲストハウス、リピーターのお客さんに時々出しているものなのだそうです。
一見さんでネット予約の我々に、なぜお貸しいただけたのかはわかりませんが、
とても貴重な体験をさせていただきました♪


b0188769_1571491.jpg



1階にはリビング、ダイニング、お風呂とトイレ。
2階は寝室で、こちらにもトイレ・洗面所がありました。

モデルルームみたいに美しく洗練されたお部屋です。
木材が多用されていて、あたたかみのある作りになっていました。

こんなセレブなお部屋では所在ない感じで、
二人でソファのところに集まってちんまりしてしまいました^^;


b0188769_1572728.jpg



夕食は8時からと遅めにお願いしていたので、それまで貸し切り露天風呂で汗を流しました。
露天風呂は、特別な料金はかからず、その場で予約できます。

「ここって、絶対カップルで来るところじゃない?」と若干落ち込む女子2名。。
とはいえ、たっぷりリフレッシュさせていただきました^^


b0188769_1574198.jpg



お待ちかねの夕食です。

ロンギングハウスは、「野菜のおいしいレストラン」という謳い文句のお店。
軽井沢の野菜をたっぷりと堪能できます。

バーニャカウダに、地元野菜のテリーヌ。
じゃがいもには、アンチョビのソースがかかっていました。


b0188769_1575363.jpg



パンがふわっふわで、ほんとにおいしかったです!
特に米粉のパンは、ほんのりとお米の味がして好きでした。

メインはお魚をいただきました。

最後のデザートは、野菜スイーツでした。
右側の写真の手前にあるのは、なんと小松菜のブリュレ。
青味がかったところは少しもなく、おさえた甘みでさっぱりとしていました。


b0188769_158119.jpg



お部屋に戻ってから、軽井沢高原ビールと石窯ピザの配達をお願いしました。

軽井沢高原ビールは、わりとライトな味でした。
同じ長野の地ビールでは、よなよなエールの方が好きかなぁ。

バスローブを着て富豪ごっこに興じたりしましたが^^;、
歩きまわって疲れていたこともあり、12時頃には就寝。

お布団やシーツの肌触りがとてもなめらかで、朝までぐっすりでした☆
[PR]
by kitokito-kamome | 2010-06-19 02:10 | 旅時間

軽井沢 その2 (白糸の滝・竜返しの滝)

涼やかな風が、頬をかすめた気がした。


b0188769_2324150.jpg



ザ・マイナスイオン!白糸の滝です。

旧軽銀座を後にして、バスで20分ほど山道をはしったところにあります。
バスは1時間に1、2本しかないのですが、タイミングよく乗ることができました。


b0188769_23241212.jpg



こちらは観光客に大人気で、たくさん見にきている方がいらっしゃいました。
売店で売っていた岩魚の塩焼きがおいしそうでしたが、晩御飯のことを考え、ぐっとガマン。


b0188769_23253618.jpg



近くにもうひとつ滝があるとガイドブックにあったので、
案内の矢印に導かれ、山の中に続く長い階段をのぼることにしました。


b0188769_23254680.jpg



そこからは、ながーい遊歩道が続いていました。
にわか山ガールとなり、山歩きを楽しみます。

今の時期、山中は緑一色。
色彩といえば、山ツツジの赤味がわずかに混じるのみでした。


b0188769_2326183.jpg



右を見ても、左を見ても、ひたすら続くみどり。

他にすれちがう人のほとんどいない空間でずっと過ごしていると、
時折とても怖くなるんです。

笑顔をはりつけた隣人の、ぞくりとする一面をのぞいてしまったみたいな。

ここが夜になって真っ暗闇になったとき、その表情は、けっしてわたしの友人ではない。
その怖さがあるからこそ、山はますます魅力的なのかもしれません。


b0188769_23261333.jpg



白糸の滝から歩くこと約5キロ、2時間弱。竜返しの滝に到着です。
思いのほか歩いて、へとへとになりました^^;

竜のような大蛇が、水流にのまれて滝つぼに落ちてしまったという伝説をもつこの滝。
車道からかなり歩くこともあり、白糸の滝と違って見にきている方はほんの数人でした。


バスの時間もせまっていたので、名残を惜しみつつ退散しました。


b0188769_23262483.jpg

[PR]
by kitokito-kamome | 2010-06-16 23:29 | 旅時間

軽井沢 その1 (Cafeina/旧軽銀座)

入梅前、さいごの旅行になりました。

b0188769_3175238.jpg



先週土日、軽井沢に行ってきました。

朝9時に、副部長Yと東京駅で待ち合わせ。
長野新幹線であっという間に軽井沢着。1時間半で着いちゃうんですね。

副部長もわたしも、初軽井沢でした。

昔は軽井沢なんて全然興味なかったのですが。。
ある程度自分の自由にできるお金がある今だからこそ、楽しめるのかもしれません。


b0188769_3125725.jpg



まずは腹ごしらえです♪

軽井沢駅から歩いて10分くらい、Natural Cafeina(ナチュラルカフェイーナ)さんにお邪魔しました。


b0188769_3131624.jpg



こちらは珍しいブラジリアンカフェ。
爽やかな風が、お店の中をふきぬけます。


b0188769_3133138.jpg



テラス席でひとりでぼんやりお茶している地元の方っぽいお姉さんがいました。
向こうの緑を眺めながら過ごす豊かな時間。
すぐ近くにこんなカフェがあるなんて、うらやましいです。

ゆらゆら揺れる、鮮やかなハンモック。
バカンス気分にぴったりなカフェでした☆


b0188769_3134927.jpg



副部長はムケカ(写真上)、わたしはフェジョマーダ(写真下)を注文。
きいたこともないお料理、食べたことのない味でした。

ムケカとは、ココナッツミルクとトマト、白身魚のシチュー。
フェジョマーダとは、黒豆とお肉の煮込みで、ブラジルの家庭料理なのだそうです。

残念ながら、ムケカの方がおいしかったです^^;
ムケカにはパクチーが入っていたのですが、ひとくちいただいて、
パクチーってこういうふうにお料理すると良さが味わえるんだなーと初めて思いました。


b0188769_3142835.jpg



食後にコーヒーをいただきながら、この後どこいく~?と相談。
初心者っぽく、メジャーどころを見ていこう!ということになり。

カフェイーナさんにサヨナラして歩くこと約15分、旧軽銀座に到着しました。


b0188769_314507.jpg



副部長はミカドコーヒーのモカソフトをゲット☆
わたしはルピシアで、軽井沢限定のハーブティーを買い求めました。

それなりに観光客はいるのですが、人が多すぎるというわけでもなく、適度な喧騒。
昭和の避暑地って雰囲気で、のーんびりお散歩できます。


b0188769_3151185.jpg



旧軽銀座を奥まで進むと、連なっていたお店がぽつりぽつりと少なくなり、
やがて林の中にひっそりと小さな教会があらわれました。


b0188769_3152741.jpg



軽井沢ショー記念礼拝堂です。

ショーは、軽井沢の父とよばれる宣教師さま。
彼が軽井沢を避暑地として世に紹介したそうです。


b0188769_3154426.jpg



ここは、祈りの家。

西洋の教会のような煌びやかなステンドグラスなどは一切無く、
木の天井、壁に囲まれた質素な空間。
祭壇の暗がりに、光を反射するクルスが鈍く輝いていました。

まわりの林で鳴く鳥や虫の声がひっきりなしに聞こえてくるのに、どこか、しんとしています。
特に信仰などないのですが、自然とこうべを垂れて祈りをささげたくなる場所でした。


   こころを高くあげよう 主のみ声にしたがい ただ主のみを見あげて こころを高くあげよう
   霧のようなうれいも やみのような恐れも みなうしろに投げすて こころを高くあげよう


心の中で賛美歌を歌いながら、この清浄の地に身をゆだねました。


***

軽井沢、本当に素敵なところでした。
何度かに分けて写真を載せていきたいと思っています。

とうとう梅雨入りですね。
先日、デパートのお値打ちコーナーで傘を新調しました。
早速今日さしてみたのですが、ちょっと気分が上がりました♪
[PR]
by kitokito-kamome | 2010-06-15 03:23 | 旅時間

recharge

夢のような時間でした。


b0188769_21511381.jpg



1泊2日、リフレッシュの旅。

夕方7時ごろ谷中に着いたら、いつもの風景がとても新鮮に見えました。
暗くなるまで、ふらふらとお散歩。

自分の心持ちひとつで、景色はいくらでも新しくなる。
わたしの元気を、リチャージしてきました♪
[PR]
by kitokito-kamome | 2010-06-13 22:14 | 日々のこと

金糸梅

谷中霊園でみかけた、きいろい花。


b0188769_22191997.jpg



なんの花だろう?と花ずかんを開いてみると、金糸梅(きんしばい)っぽいなぁ。
でも、似たような花が何種類かあるみたいですね。


b0188769_22193487.jpg



金糸梅の花言葉を調べてみたら、「悲しみを止める」なのだそうです。

墓石を守るように咲いていたこの花。
誰かの悲しみを止めて、明日へ向かう力を、わたしにも分けてくれるような気がしました。


元気をなくしているあの子にも、届きますように。
[PR]
by kitokito-kamome | 2010-06-10 22:23 | 日々のこと