谷中喃々堂


谷中、ときどき京都
by kitokito-kamome

<   2010年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

水上漫遊 その3 (土合駅)

「下りるために登るんさ」


b0188769_23194454.jpg



SAで立ち読みしたガイドブックで、この辺りに土合駅(どあいえき)があることを知り、
迷わず向かいました。

クライマーズ・ハイっていう映画、ご存知ですか?
1985年、群馬県御巣鷹山の日航機墜落事故を追いかけた地元新聞社の物語です。

堤真一さん主演で、堺雅人さんも出演してた大好きな映画です。
原作の小説も、映画とまた違った良さがあって、映画も小説も両方おすすめです!!

その映画のタイトルバックの映像が、この土合駅なんです。
ホームが地上から10分ほど階段を下りた場所にある、日本一のモグラ駅。
ひんやりと湿った空気のなか、階段をおりきりました。


b0188769_23195365.jpg



ここがJR東日本上越線土合駅のホームです。

興奮して写真を撮っていたら、遠くから唸るように地響きが聞こえてきました。
バッとふりかえって見ると、白いライトが近づいてきます。

なにか、くる。
予感にどきどき胸をときめかせながら、そのときを待ちました。


b0188769_23195922.jpg



通過する列車―― JR貨物です。

1時間に何本も電車なんて通らないだろうに、本当に偶然に出会うことができました。
しびれるような感動を、なんて表現したらいいかわかりません。

わずかな時間にいろんな想いがよぎって、そして気づいたら列車は去っていました。


b0188769_2320661.jpg



さて、行きはヨイヨイ、帰りは・・・登らなきゃいけません^^;
階段には、段数が書いてあります。

ジャンボの事故から20年以上後、歳をとった悠木(堤さんの役)が、
山登りのリュックを背負って、一段一段この階段をのぼっていく。

彼の荒い息遣いが、脳裏によみがえります。


b0188769_23201343.jpg



ここで半分。
興奮しているためか、意外とすいすい登れてしまいます。

へばる友人Uを励ましつつ、すべての階段を登りきりました。


b0188769_23202141.jpg



  「ようこそ 土合駅へ」

いったい何人のクライマーが、この文字を見上げたことでしょう。
山に登る前の、もう逃げられないという想いと、早く登りたいという気持ちのはざまで。


b0188769_23203430.jpg



土合駅は、無人駅でした。
地上には、リュックを携えたおじさんたちが数人、ベンチに座ってタバコをくゆらせていました。

静かな場所です。


b0188769_23204043.jpg



うちに帰って、クライマーズ・ハイの映画を録画したものを見ました。
そして今、小説を読み返しています。

きっとわたしはまた、いつか土合駅に行くんじゃないだろうか。
再びあの駅舎に会える日を、楽しみにしています。


***

水上漫遊編、以上です♪

ここのところ、仕事がぎうぎうで、心もぎすぎす。
今日はゆっくり眠って、気持ちを切り替えていきたいです>_<;
[PR]
by kitokito-kamome | 2010-10-30 00:00 | 旅時間

水上漫遊 その2 (照葉峡)

目に鮮やかな、綾錦。


b0188769_0405768.jpg



奈良俣ダムのすぐ近くにある、照葉峡(てりはきょう)にやってきました。

ここは関東の奥入瀬とも呼ばれる峡谷で、
俳人・水原秋桜子が名づけた11の滝が連なっています。


b0188769_041396.jpg



あか、きいろ、みどり。
自分のペースで色づく、野趣あふれる紅葉っぷりです^^

川の流れる音が耳に優しく、マイナスイオンあふれる空間に癒されます。


b0188769_0411094.jpg



こちらに紅葉狩に来ている方はそんなに多くなく、ゆったりと楽しむことができました。
うまく穴場を見つけられたようです♪

友人Uが「どんぐりを拾って植えたい!」というので、どんぐりの実をさがしてみました。
笠の部分は見つかったのですが、肝心の実の部分は見つからず・・。

しゃがんで地面を見ていたら、代わりに発見したのは。


b0188769_0412123.jpg



きのこです!よく見たら、いろんな種類のきのこがたくさん生えていました。

最近、きのこの食中毒のニュースやってますよね・・・=_=;
近くの直売所でも、きのこばかり売っていました。
(怖くて買えませんでしたが。。)


b0188769_0412825.jpg



発色がいまひとつかもしれないですね。
お天気が悪かったせいかな・・。

それでも、一日また一日と深まる秋を実感することができました。


b0188769_0413462.jpg

[PR]
by kitokito-kamome | 2010-10-27 01:00 | 旅時間

水上漫遊 その1 (奈良俣ダム)

今日は、ココまで行ってきました。


b0188769_074021.jpg



友人Uにお願いして車を出してもらい、今年はじめての紅葉狩へ。
関東近郊、日帰りで行けて、あまり混んでなさそうで、温泉のあるとこ。

グーグル先生に相談して、行き先を決めて、
いまいち反応の悪いカーナビ氏に指令を出して^^;

東京外環、関越自動車道をとばして、あっという間に群馬県入りしました。
幸い、渋滞にはつかまらず♪

情報収集のために赤城高原SAに入ったら、ご当地キャラ発見!


b0188769_0142036.jpg



不敵な面構えの、からっ風ブー次郎。
よくありそうだと思いつつも、ご当地キャラとの出会いは一期一会かもしれないと思うと、
ついついストラップを買ってしまうのですよね。。。

そういえば、今日はゆるキャラ祭りが開催されていたはず。
いつか、ひこにゃんに会うのが夢です・・^^;


b0188769_021380.jpg



2時間半くらい走って、水上町(みなかみちょう)の道の駅に到着しました。
空は、あいにくの曇り空>_<

おなかぺこぺこ~ということで、腹ごしらえしたのですが。


b0188769_0274454.jpg



友人Uの強い薦めもあり、オーダーしてみたダムカレー。
ダム好きの間ではつとに有名なお料理のようですが、あいにく初耳でして。。-_-;

ただのカレーなのですが、ごはんの盛り方がダムの形にちなんでいるというもので、
ここの道の駅にあったのはアーチ式のものでした。

今後自分の人生でふたたび食べることはないのではないかと思ったので(笑)、
ちょっと写真を加工してみました。
右側が、ダム決壊の図であります^^

この辺りは利根川の源流となっており、奥利根と呼ばれる地域でダムが多いのです。


b0188769_0324799.jpg



そのうちのひとつである、奈良俣(ならまた)ダムを訪れました。

クオリティの高さに興奮する友人U・・。
なぜかダムにくわしい友人Uの講釈をうかがいつつ、堤体(ていたい)の上を歩きます。


b0188769_038031.jpg



お天気がよかったら、もっときれいだったと思うんですよね~。残念!
しかし迫力は満点です☆

この接着ゴムは高いやつ使ってるなーとマニアックな感想を述べる友人Uはほっておいて、
ダムの型式の解説をいたしましょう。


b0188769_0411546.jpg



ダムには、ロックフィル、アーチ式、重力式という型式があるのだそうです。
奈良俣ダムはロックフィルダム。アーチ式は、ダムカレーの形ですね。

専門的なことはよくわかりませんが、資料館のこういうパネルを読むのは好きです^^


b0188769_0455687.jpg



水上町のあたりでは、薄がたよりなく風になびく光景がよく見られました。
植物の寂寥感と人工物の力強さが、同時に目に飛び込んできます。

この堤体の下は、ケーブルや機械などでいっぱいなんだとか。
外側からは想像がつかないような空間が広がっているんでしょうね~


b0188769_046389.jpg



独立行政法人水資源機構が管理するこのダム。平成2年に竣工しました。
利根川の洪水調整と、首都圏の水がめとして機能しています。

水資源機構の事務所でダムカードを配っているというニュースを以前聞いたことがありました。
見てみたかったなぁ~。でも土日は、事務所はお休みのようでした。。


b0188769_046126.jpg



まだらに紅葉する山。
今年は、やはりあまり紅葉がきれいではないようです。

それでも、この場所を歩いていると高揚感があります^^
観光客も多くなく、スケールの大きな空間をたっぷりと堪能することができました☆
[PR]
by kitokito-kamome | 2010-10-25 01:01 | 旅時間

利休にたずねよ

"いわし雲 何を読んでも 泪ぐむ"


b0188769_132741.jpg



谷中の萩寺・宗林寺(→☆)からみた空。
先週末、見事ないわし雲が広がっていました。

しみじみと、秋ですね。

気温も徐々に下がってきて、洋服とかお布団とか、あたたかいものを用意しています。
猛暑だったせいか、秋冬支度をするのも例年より楽しい気がして^^;


b0188769_134341.jpg



読書の秋、ということで文庫化を待っていました第二弾。
直木賞受賞作の『利休にたずねよ』です。
漢字にていねいにルビがふってあるせいか、時代小説ですが読みやすかったです。

美というもの対し、謙虚であり怯えてさえいたようにみえた利休と、彼をとりまく人々の思惑。
利休の真剣さを厭いつつも魅かれてしまう秀吉や、
利休を師と仰ぎながらも違うあり方を探り続ける古田織部が印象的でした。

美って、そんなにあがめて、追求するものなのかな。
そんな痛々しいものだけを、美とよぶのかな。

気づくと気配を感じていて、でもそれを言語化してしまうことすら惜しいようなもの。
わたしはそれを「美」だと認識していて、追求しなくても日々の生活のかたわらにあると思っている。

そんなふうに美に対する想いは違えど、本書の利休の姿には惹きつけられました。


木槿の花 緑釉の香合 韓紅花(からくれない)の高麗の着物。


繰り返されるモチーフにしびれるような色気を感じながらも、
濃茶のようなまったりとした苦さが、口の中に広がっていく。
胸が、くるしい。

そんなふうに感じるのは、いわし雲の季節のせいなのかもしれませんね。
[PR]
by kitokito-kamome | 2010-10-20 01:48 | 日々のこと

雑貨食堂 六貨 × プフレーゲライヒト

今年の芸工展のサインは、こちらのてぬぐい。


b0188769_23485138.jpg



今の時期、谷中界隈を歩いていると、芸工展に参加しているお店の軒先にかかげてあります。
オレンジ色のてぬぐいがはためいていたら、そこには何かイベントが待っている証拠。

今年の芸工展テーマである「いろいろ、さまざま、十人十色」にちなみ、
いろいろ、さまざまな考え方やアイデアを創造する「脳」がモチーフになっています。


b0188769_2348585.jpg



お店ごとに、てぬぐいの飾り方に個性があっておもしろいです。
洗濯物風に飾った上の写真は、プフレーゲライヒトさんのもの。

お店の奥のギャラリースペースでは、雑貨食堂 六貨さんの展示が最終日を迎えていました。
ビビッドなお花の色が鮮やかなスプーンレストをお買い上げ♪
来週は、かばん作家さんの展示販売があるようです。


***

ここ数週間、遠出せずに家のことを片付けたりしていたので、「旅欲」がたまっています。。

旅に出たい~!
今日プフレの店主・ライさんと話していたら、ますますそんな気分になっちゃいました^^;
[PR]
by kitokito-kamome | 2010-10-18 00:23 | 日々のこと

のぼうの城

地上に咲く花火。


b0188769_0363934.jpg



10月の喋々喃々を読み返していたら、谷中霊園に彼岸花が咲いている描写がありました。

なので先日谷中霊園を通ったときに彼岸花を探してみたのですが、
見つかったのはこの辺りに咲いていた2輪だけ。
ほかにたくさん咲いている場所があるのかもしれないですね。

どこか不吉なかげりを帯びていながら、死者に寄り添うけなげな花。
ふと胸をつかれる、不思議な魅力があります。


b0188769_0364899.jpg



秋の夜長は活字に飢えて、本屋さんに行く頻度が高まります。

『のぼうの城』、読了。
単行本でオノ・ナツメさんの表紙の絵を見たときから、ずっと気になっていた本です。
本屋大賞第2位受賞ということで、文庫化されるのを待っていました♪

ガチガチの時代モノというよりは、エンターテイメントとして気軽に読めます。
史実云々という厳密な時代考証はさておき、キャラクターを楽しめる漫画のような作品。

一方で、舞台となった埼玉県行田市にあったという忍城(おしじょう)ってどんな城だったんだろう、
主人公の成田長親ってほんとはどんな人だったんだろう、と興味をひかれました。

戦国時代の武将であっても、戦で人を殺めることは、ほんとは怖かったんでしょうか。
どんなに武士の美学で飾っても、目の前で人の命が消えていくことのインパクトは、
昔も今も変わらないのかもしれません。
[PR]
by kitokito-kamome | 2010-10-16 00:55 | 日々のこと

Cosmos

こんな小春日和の、穏やかな日は。


b0188769_21213991.jpg



初音の森(→☆)で、秋桜が満開です。

時折雲間にさす陽の光が、花弁を透かして輝くさまに見蕩れました。


b0188769_21214816.jpg



広い空間のごく一角に、人工的に密集して植えられたものだけれど、
近寄ればそこに広がる小さなコスモス。

自然のなかの一面の秋桜なんて谷中では望めない光景だけれど、
一輪の花の美しさには、咲く場所なんて関係ない気がしてきます。


b0188769_2121557.jpg

[PR]
by kitokito-kamome | 2010-10-12 21:36 | 日々のこと

葱や平吉 宇田川店

東京にも、あるんです。


b0188769_22593366.jpg



京都は高瀬川のほとりにある葱や平吉さん。
東京にもいくつか店舗があるのですが、渋谷にある宇田川店に行ってきました。

友人Aと待ち合わせたのは、渋谷のQフロ前。
ひっっっさしぶりの渋谷で、この人ゴミパワーをすっかり失念していました>_<;
センター街を通るだけで、体力消耗しちゃいますね。。

中心街からは離れた細道に、こっそりと葱や平吉さんの宇田川店が営業しています。


b0188769_22595164.jpg



渋谷の喧騒が嘘のようにしゅるりと消えて、虫の音のBGMが響く静かな店内。
早めの時間だったので、わたしたちが一番乗りでした。

1階はカウンター席のみで、全部で10席くらいでしょうか。
ひとりの間隔がたっぷりととれて、まったりと落ち着きます^^


b0188769_230224.jpg



揚げ出し豆腐、タコの天ぷら、おくらとインゲンのピクルス。

目の前のお酒の棚に、目玉おやじのキュート瓶発見!
見つけてしまうと、存在感に釘付けです^^;

つきだしは、サツマイモの檸檬煮だったのですが、そちらも美味でした♪
檸檬の風味がふんわりやさしく、後から出てくる感じで。


b0188769_2301318.jpg



ゆでたん白髪葱ぞえ、揚げ茄子生姜醤油、豚ねぎにんにく土鍋めし。

どうして胃袋がふたつないのか、と悔しくなってしまいます。
もっと注文したいメニューがたくさんありました!!

土鍋めしがおいしくって。。^^
明日も休日なので、にんにく使用も気にせずいただきました☆

日本酒は、奈良県の春鹿で。
純米辛口、和食にはやはりジャパンが合います^^


友人Aとは5か月ぶりくらいに会ったので、積もる話が山々と。
このあと場所をうつして、渋谷のお気に入りのまったりカフェで飲みました。

また、遊ぼうね。
[PR]
by kitokito-kamome | 2010-10-10 23:20 | 日々のこと

芸工展2010

秋雨のなか、今年の芸工展(→☆)がスタートしました。


b0188769_19465921.jpg



今日は雨だったので、日中は家でおとなしく掃除をしていました。
物をためこみすぎているので潔く捨てたり、ラグを新調したりして、
徐々に快適空間になるようがんばっているところです☆

夕方になってから、せっかく芸工展がはじまったし、ちょっとお店をのぞいてみようと出かけました。

フロレンティーナさん(→☆)には、芸工展期間限定の「焼きリンゴ」フレーバーが新登場!
何度も失敗をくり返して、自信喪失しながらやっとできあがった味だそうです^^

新しく「カフェ・エスプレッソ」も加わっていました。
こちらは、コーヒー豆をくだいて入れ込んだ、ビターな味わいです。


b0188769_1947861.jpg



京都の一保堂さんの玉露を淹れて、さっそく食後にいただきました。

お湯呑は、今日プフレーゲライヒトさんで買い求めたものです。
だるまさんの絵を見ていたら、絵本の「だるまちゃんとてんぐちゃん」を思い出してしまい、
思わずお買い上げしちゃいました^^;

フロランタンを口の中で噛めば噛むほど、焼きリンゴ味が広がっていきます♪
是非みなさんに味わっていただきたいです!


芸工展は、10月24日まで。
今年はいくつお店をまわれるかなぁ。。
[PR]
by kitokito-kamome | 2010-10-09 19:58 | 日々のこと

nakamura

職人のまち、谷中。


b0188769_23231472.jpg



先日、ウルワシ堂で髪を切っていたら、nakamuraさんが移転されるとうかがい、
あわててお邪魔しました。

こちら、オーダーメイドの靴屋さんです。
革のサボやサンダルを、お客さんの足にあわせて手作りしてくださいます。


b0188769_2323228.jpg



ころんとした顔が愛らしい、nakamuraさんの靴。
長く履くと、また違った表情を見せてくれそうですよね。

いつかお金がたまったら、一足ひも靴をつくりたいなぁと思っていたのですが。。


b0188769_23232896.jpg



谷中での営業は、10月24日でおしまいになってしまいます。
足立区の江北というところに移転されるようですね。

記念に、店内の写真を一枚だけ撮らせていただきました。
いろはに木工所さんの2階に、無機質なドアを開くとぱぁっと広がるクリエイティブな空間。
最初に訪れたときの小さな感動を、未だ忘れることができません。

谷中の職人さんがひとり去ってしまわれることは本当にさみしいですが、
新天地でも素敵な靴を作りつづけてくださると思ってます^^
[PR]
by kitokito-kamome | 2010-10-08 23:30 | 日々のこと