谷中喃々堂


谷中、ときどき京都
by kitokito-kamome
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2012年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

百日紅

ツクツクボウシの鳴き声に、晩夏を感じる。


b0188769_2372763.jpg



今週末は激しい炎天でしたが、2日間とも外出。
おかげで、こんがり焼けた気がします>_<;

今日は友人を谷中案内しました。

千駄木露地でランチして、往来堂で地域誌「おしょくじ」を買って、根津神社にお参りして、
ふれぇずりぃあんくるで「あまおう」のスイーツをいただき、
丁子屋さんのてぬぐいを衝動買いしないよう気を付けながら、
ル・ポワルのキュウ太店長(ボストンテリア)にご挨拶して、
ささやきの小路からヒマラヤ杉まで行き、クラシコを覗いて、フロランタンを買って、
へび道をうねうね進んでさんさき坂Cafeで一休みしてから、全生庵で幽霊画を見て、
築地塀にそって歩いてから谷中霊園を通り、谷中銀座をぬけてゴール☆

暑い中にしては、がんばりました!
こちらは、谷中をあまり散策したことがない人を案内するときのモデルコースです。

あらかじめ往来堂書店さんで不忍ブックストリートのMAPをゲットしておいて、
ランチしながらMAPを見つつ友人の好みや興味をきいて、ルートを設定しています。

プフレーゲライヒトがあった頃は、このコースに必ずプフレが入っていたんですけどね。。
今日案内した友人も、きっとプフレが好きだったろうなぁ。


***

重松清『青い鳥』、辻村深月『凍りのくじら』を読了。

夏に読書していると、「耳をすませば」を思い出します^^
[PR]
by kitokito-kamome | 2012-08-19 23:37

夏惜しむ

初谷川岳は、登頂ならずT-T


b0188769_1334457.jpg



先週末は谷川岳に登る予定でしたが、お天気に恵まれず、
登山初心者も多いパーティだったので、登るのは諦めました。

お天気がもつ範囲で少し登って、下山後は水上温泉を満喫。
それはそれで楽しかったですが、がつんとお山を登りたかったなぁと物足りない感じです。。


最近、1日が過ぎるのが早い^^;
ブログも久しぶりになってしまいました。

世間はお盆休みですよね。わたしはふつうに仕事しています。
お盆中って、通勤電車もすいているし、会社に人も少なくて、妙に仕事がはかどる気がします;

いまさらながら、吉田修一さんの『悪人』読了。
映画を先に見ていたので、小説を読んでいても、
頭の中は妻夫木くんや深津絵里さんで再生されていましたw

映画の演者さんたちが、いかに忠実に小説の世界観を表現しようとしていたかということがわかります。
小説のほうがエピソードや心情描写が細かくて、映画をご覧になった方でも楽しめると思います。

もろく、悲しいほどにやさしい「悪人」と、一途な女。
二人を見ていると、君がため 惜しからざりし 命さえ、という和歌を思い出しました。


ちょうど手持ちの小説を読み終わったタイミングで、友人から小説をプレゼントしてもらいました。
友人が一番好きな本なのだそう。
そういう本をもらえるのって、なんだかその人のことをより深く知ることができる気がして、うれしいです。
[PR]
by kitokito-kamome | 2012-08-17 01:53 | 日々のこと

八朔+α

ずいぶんとご無沙汰でした。


b0188769_0464532.jpg



夏本番の蒸し暑さとなってきましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?
わたしは、先週末に参加したイベントのために、せっせと準備を進める日々でした☆

いろいろと問題も起きたけれど、とにかく終わってよかったという気持ちでいっぱいです。
イベントのメインスタッフのみなさんの頑張りに頭が下がりました。

そして共にイベントに参加した仲間たちと、日中汗でドロドロになって、夕方温泉でさっぱりし、
湯上りにビールとおいしい天ザルを堪能したりして、大人の夏休みみたいな特別な時間を過ごせました。
たくさん笑ったなぁ。

この歳になってから、新しい友達ができるのって、なんだかとても嬉しいです^^


b0188769_0465884.jpg



イベントを終えて、ちょっと燃え尽き感があり。。
カオス状態だった部屋を、やっと片付けました^^;

そろそろ迫ってきた谷川岳登山に向けて、準備も進めなくては。
夏場の山に持っていける食材を研究しよう~♪
[PR]
by kitokito-kamome | 2012-08-04 00:52 | 日々のこと